モノレート等のツールでデータが取れない商品の販売個数を調べる方法

Pocket

こんにちは、Sakaiです。

中国輸入転売ビジネスでは、モノレート等のツールを使って販売個数を調べる事が出来ますが、

バリエーションの設定がされている商品などの、一部の販売ページではデータが取得できない場合があります。

このようにランキングのデータが取得できていないので、売れているのかどうかがわかりません。

大抵の人はここで諦めてしまいますが、需要がある商品の場合、ここで諦めてしまうのは非常にもったいないです。

この記事では、モノレートなどのツールを使わずに商品の販売個数を調べる方法をご紹介します。

比較的ライバルの少ないこのような商品を狙って仕入れていきましょう!

データが取れない商品の販売個数を調べる方法

在庫変動チェック

販売個数を調べたい商品ページを開きます。

右上の数量をクリックすると、現在の在庫数が『5個』ということがわかります。

こちらはFBA出品者ですので、正確な在庫数が表示されます。

自社発送の場合は、手元になくても在庫の数量を出品者が決められるので、FBA出品者に対象を絞りましょう。

グーグルクロームを使用されている場合には、右上の『☆』をクリックしてブックマーク登録ウィンドウを開きます。

 予め『在庫変動チェック』フォルダを作成し、選択

 名前の入力フォームに、『商品名・店舗名・在庫数』を記入する

 完了をクリック

これでブックマークが完了しました。

このように『在庫変動チェック』からワンクリックで簡単に商品販売ページを開くことができるので、

1~2日後にブックマークした出品者の在庫数を確認してみてください。

30個以上の在庫確認手順

在庫は販売ページからは30個までしか表示されないので、その場合の在庫数量の確認方法を説明していきます。

在庫を調べたい出品者の商品を1点カートに追加し、『カートの編集』をクリックします。

『数量』の項目を選択し、『10+』をクリックしてください。

出来るだけ多い数字(今回は199)を入力して『更新』をクリックします。

以上の作業で、この出品者は『98個』の在庫を抱えているということがわかります。

終わりに

今回ご紹介した『在庫変動チェック』は、データの取得ができない商品に限らず、

「モノレートを見ると結構売れているけどセラー数が多い」といった状況にもお勧めです。

特に中国輸入を始めたばかりの頃は、データだけではピンとこないです。

実際に在庫の数字が減っているのを確認してから、

代行業者に発注するようにすると失敗が少なくなりますので、是非参考にしてください。

こちらの記事で不明な点やご質問がございましたら、お気軽にお問合せください。

それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。



私、Sakaiは、普段インターネットを利用した
最先端のスキルを駆使して

場所を選ばずにビジネスを
行えるようになりました。

 
『北陸の新鮮な寿司を食べたい』

と、思い立てば即行動!

 
早朝5時に家を出て、
平日の空いた高速道路を
スポーツカーで快適にドライブ。

 
朝から開店している金沢の寿司屋で
とれたてのマグロやウニ軍艦、
炙りトロにのどぐろ、

多種多様な味を楽しめる海鮮丼など
お好みのネタを値段を
気にせず好きなだけ頬張る。


 

「個人で稼ぐスキル」を身につけたおかげで、
自由な生活を楽しめています。

 
今でこそビジネスを楽しみながら
日々を過ごせていますが、
もともとは工場の作業員でした。


真冬はブルブル震えながら、真夏は汗びっしょりになりながら

作業服を着て工場でライン作業を
機械のようになって労働する日々のなか

「このまま、自分の人生はロボットみたいなことをして終わるのかな…。」

と思って絶望したのですが、

とあるきっかけがあって
今では自由を謳歌できています。

 
インターネットの普及した現代では、
仕組みやプラットフォームをフル活用して
業務の効率化を追求すればするほど

私のように個人で月収100万円以上を
稼ぐことも十分可能です。

 
自由な生き方をしたいと思ったあなたへ、
副業からでもビジネスを起こし、
自由なライフスタイルを選択できる秘訣を
メルマガでお届けしていきます。


最短・最速で月収20万円に到達する
輸入マニュアルを有料販売しようと思っていたのですが、

メルマガ登録メンバーのみ期間限定で絶賛プレゼント中です!


※i.softbank、docomo、ezweb、outlook、hotmail、icloudは届かないのでGmail、ヤフーメールをご利用ください。登録後すぐにメールが届きます。もしすぐ届かない場合は、迷惑メールボックスの確認をお願いします。

中国輸入で初心者から数カ月で独立起業したSakaiのメルマガ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です