中国輸入ビジネスとは?始め方・やり方について3ステップで詳しく解説

Pocket

 

これまでたくさんの記事や動画コンテンツを作ってきましたが

「何から読めば良いのかわからない」という

初めて訪問してくださった方に向けて、このコンテンツを作りました。

 

中国輸入は、全くの初心者から、副業から始めることのできるビジネスモデルです。

 

1999年3月、中国の浙江省杭州市という所で「阿里巴巴 (Alibaba.com; アリババ・コム)」は創業しました。

この記事を書いているのが2019年12月なので、約20年前。

 

当時は携帯電話が普及し始めたばかりの頃で、と同時に、インターネット黎明期でした。

 

そんなネットの可能性が未知数の時に企業間電子商取引を「マッチングサイト」という形にしたアリババグループは、「中国のネットショップや中小企業からたくさんの億万長者を生み出す!」というジャック・マーこと馬雲のビジョンのもと、瞬く間に急成長を遂げました。

 

以下は僕が実際に中国のアリババ本社に行った時の動画ですが、

控え目に言って人生観が劇的に変わりました。

 

中国輸入ビジネスとは、そんなアリババグループ(タオバオやT-mall、アリババ)がマッチングするネットショップや中小の工場から商品を買い付け、日本に輸入。

 

Amazonを始めとする日本のネットショップなど

各種販路で販売をして、利益を得るビジネスのことをいいます。

 

「中国輸入に興味はあるけれど、全くの初心者で何から始めていいのかわからない・・・」

 

そんな方に向けて、本コンテンツでは

『中国輸入ビジネスとは?始め方・やり方について詳しく解説』についての解説をしていきます。

 

中国輸入ビジネスを初心者から・副業から実践するには?

 

中国輸入を始めとした物販は、『安く買って高く売る』というだけなので、非常にシンプルです。

 

もう少し具体的にお伝えをしますと、当サイトでご紹介している中国輸入転売ビジネスは、

中国のタオバオやアリババというサイトから商品を仕入れて、

Amazonなどの日本の販売サイトで商品を納品して販売を行うビジネスモデルです。

 

Amazonの他にも

 

  • ヤフオク
  • ヤフーショッピング
  • メルカリなどのフリマアプリ
  • ECサイト

 

などなど、多種多様な販路があり、

それだけに奥が深いのが中国輸入ビジネスです。

 

あなたがインターネット環境とパソコンさえ持っていれば、ネット上に公開されている情報を実践するだけで、中国語や英語がわからなくても、中国に拠点を置く輸入代行業者を利用することで今すぐにでも需要のある商品を見つけて販売することができるんですね。

 

また、自宅やカフェなど場所を選ばずに商品の発注をしたり、外注している物流サービスに指示を出すことができますので、発達した現代の技術を駆使してお金を稼いでいるという充実感にも満たされます。

 

初心者や副業の個人が実際に中国輸入ビジネスを実践する際の流れ

 

それでは、具体的に

どのようなものが必要で

 

どのような流れで儲かる商品を見つけ、

商品を仕入れて販売していくのかを具体的に説明します。

 

【STEP1】中国輸入ビジネスで必要なもの

 

中国輸入を始めるにあたって必要なものを記載していきます。

 

  • パソコン
  • インターネット環境
  • メールアドレス
  • クレジットカード(またはデビットカード)
  • インターネット銀行の口座
  • 仕入れ資金

 

一番最初にあなたが行う作業は、儲かる商品を見つける『リサーチ作業』なので、

パソコンとインターネット環境さえあれば今すぐにでも始めることができます。

 

リサーチ作業を実践している間に、クレジットカードや銀行口座などを発行することにより、無駄なくスムーズに中国輸入を始められます。

 

関連記事:

⇒ 中国輸入転売ビジネスで使用するパソコンについて

⇒ 中国輸入転売ビジネスに最適なインターネット回線の選び方

⇒ 中国輸入転売ビジネスで利用する銀行口座の選び方

 

【STEP2】PCを利用して儲かる商品を見つける

 

例えば、PCを利用してAmazonでリサーチしたこちらの商品。

 

 

Amazonで『2,580円』で販売されています。

 

そして、この商品の仕入れ価格は・・・

 

 

中国サイトでは『29.8元(約536円)』で購入することができます。

 

このように、価格差の大きい商品をリサーチして

仕入れ・販売していくだけなので、とてもわかりやすいんですね。

 

【STEP3】中国に拠点をおく「輸入代行業者(会社)」に依頼をする

 

Amazonと中国サイトの間で価格差のある商品をリサーチして

Excel表などで一定量ストックしたら、

実際にタオバオやTmall、アリババの店舗から買付けをします。

 

その際、店舗から直接買付けをするのではなく、商品の買付け、検品から梱包、AmazonのFBA倉庫に直送する際に必要な「FBAラベル」を貼り付けてくれる「輸入代行業者(会社)」に依頼をします。

 

インターネットを利用して実際に買付け依頼をすると、

※中国輸入代行プラットフォームを運営するRAKUMART(ラクマート)本社のオフィス

 

画像のように、中国語と日本語に精通しているスタッフの方が、

中国店舗に買付けなどの対応をしてくれます。

 

買付け後、中国の店舗から代行業者(会社)の中国拠点に商品が送られるのですが、中国国内物流はこんな感じ。

 


2つ目のツイートを見ると良くなってきてはいますが、

それでも輸送中に物損するリスクは高いです。

 

なので、信頼のできる中国パートナーに検品を依頼する必要があるわけですね。

 

中国と日本は良品の価値観が全く違うので、日本に理解のある輸入代行業者(会社)に

依頼しての検品は必須です。

 

商品が中国拠点に届いたら、

 

 

検品を依頼してる場合、スタッフの方が1個1個、手作業で検品をしてくれます。

 

 

OPP袋の詰め替えやFBAラベルの貼り付けなど、

各種作業の工程を経て日本へと出荷されます。

※AmazonFBAを利用する場合は、FBA倉庫に直送してもらえます

 

これではれて、日本の販路で販売することができます。

 

中国輸入を副業で実践する際の販路でAmazonをおすすめする理由

 

副業で取り組まれる場合、本業で長時間拘束されてしまいますので、出品ページを自分で作成したり、梱包や発送作業をあなたが行っていては時間はいくらあっても足りませんよね。

 

極力無駄をなくす為にもやるべき作業を明確に・シンプルにする必要があります。

 

当サイトでお伝えをしているノウハウは、Amazonで需要のある商品カタログを見つけて販売していく『相乗り販売』から始めることをおすすめしています。

 

中国に拠点を置く輸入代行業者にリサーチした商品を発注して、検品と梱包も人件費の安い中国国内で全て完結して、直接日本国内のAmazonFBA倉庫に納品してもらい販売をしていきます。

 

ですので、面倒な出品ページ作成や検品、梱包、発送作業を一切行う必要がないので、

あなたは儲かる商品を見つけるリサーチ作業のみに一点集中することができます。

 

ちょっと考えてみてもらいたいのですが、本業が終わって夜遅くに帰宅して、自宅に届いた輸入商品の検品や梱包、出品ページの作成をして出勤前に発送するとなると、とても大変ですよね?

 

輸入代行業者とAmazonを利用する販売方法なら、PC1台とインターネット環境があればどこでも作業ができるので、帰宅をしたらリサーチ作業に集中。商品の発注作業は会社の休憩時間に済ませることもできますし、週末休みにはオシャレなカフェで作業することもできます。

 

その他、初心者・副業で『相乗り販売』を推奨する理由としては、

 

  • やるべき作業が単調なので、パソコン操作がわからなくても少しずつ慣れていくことができる
  • 沢山の商品を取り扱うので輸入規制品・法律に関わる商品の知識が幅広く身に着く
  • モノレートというサイトを使って需要のある商品を仕入れるのでほぼ確実に売れる

 

などなど、実践を通じて中国輸入を学んでいくことができますし、リサーチから販売までの一連の流れを経験できるので、外注化やオリジナル商品制作といった次のステップに無理なく移行していくことができます。

 

以上のことから、副業を考えているサラリーマンの方にはもちろんのこと、何か新しいことを始めたいと考えている学生さんや、空き時間にインターネットビジネスをしたい主婦の方でも取り組みやすいビジネスモデルです。

参考記事:

⇒ 代行業者を利用した中国商品の仕入れ⇒Amazon販売の流れを解説

⇒ 中国輸入ビジネスで利用する輸入代行業者を選ぶポイント

 

中国輸入のやり方・始め方

あなたが一番最初にやるべき作業としては、儲かる商品を見つける『リサーチ作業』です。

この作業は『中国輸入を始める際に必要なもの』の項目でもお伝えしたように、パソコンとインターネット環境さえあれば今すぐにでも始めることができますので、まずはぜひチャレンジしてみてください。

参考記事:

⇒ 中国輸入転売ビジネスの基本は『ノーブランド』でAmazon検索

 

また、全くの初心者の方の為にLINE登録者限定で

『High dimension drive route map(中国輸入編)』をプレゼントしています。

 

このマニュアルは、

パソコンに慣れていない初心者が迷わないように1本道で丁寧に解説しています。

 

ツールの導入方法や仕入れ前の利益計算のポイントなど、

儲かる商品をリサーチする手順をPDF形式で配布しています。

 

私は2019年7月に、人生初の中国(というか海外初)に行って、目覚ましい発展ぶりに驚愕しました。

 

中国企業で働いている日本人の方が、たまに日本に帰ると

「日本は10年間変わっていない」と仰るほどの日本の停滞ぶりに危機感を覚えるレベルです。

 

2020年、これから劇的に世界は変わっていく。

 

変化に対応して生き残るためにも、

「時代にあったスキルを身に着ける」意識が何よりも重要。

 

私の公式LINEでは、定期的に無料のオンライン・ワークショップを開催したり、

業界の裏事情を含む最新情報をお届けしています。

 

中国輸入に本気で取り組んでみたいと考えているのでしたら、まずはLINEに登録。

 

お受け取りになったLINE@限定マニュアルを上から順番に実践してみてください。

 

中国輸入初心者必見のルートマップ
>>>Sakai公式Line@
『High dimension drive route map(中国輸入編)無料配布中!』


私、Sakaiは、普段インターネットを利用した
最先端のスキルを駆使して

場所を選ばずにビジネスを
行えるようになりました。

 
『北陸の新鮮な寿司を食べたい』

と、思い立てば即行動!

 
早朝5時に家を出て、
平日の空いた高速道路を
スポーツカーで快適にドライブ。

 
朝から開店している金沢の寿司屋で
とれたてのマグロやウニ軍艦、
炙りトロにのどぐろ、

多種多様な味を楽しめる海鮮丼など
お好みのネタを値段を
気にせず好きなだけ頬張る。


 

「個人で稼ぐスキル」を身につけたおかげで、
自由な生活を楽しめています。

 
今でこそビジネスを楽しみながら
日々を過ごせていますが、
もともとは工場の作業員でした。


真冬はブルブル震えながら、真夏は汗びっしょりになりながら

作業服を着て工場でライン作業を
機械のようになって労働する日々のなか

「このまま、自分の人生はロボットみたいなことをして終わるのかな…。」

と思って絶望したのですが、

とあるきっかけがあって
今では自由を謳歌できています。

 
インターネットの普及した現代では、
仕組みやプラットフォームをフル活用して
業務の効率化を追求すればするほど

私のように個人で月収100万円以上を
稼ぐことも十分可能です。

 
自由な生き方をしたいと思ったあなたへ、
副業からでもビジネスを起こし、
自由なライフスタイルを選択できる秘訣を
メルマガでお届けしていきます。


最短・最速で月収20万円に到達する
輸入マニュアルを有料販売しようと思っていたのですが、

メルマガ登録メンバーのみ期間限定で絶賛プレゼント中です!


※i.softbank、docomo、ezweb、outlook、hotmail、icloudは届かないのでGmail、ヤフーメールをご利用ください。登録後すぐにメールが届きます。もしすぐ届かない場合は、迷惑メールボックスの確認をお願いします。

中国輸入で初心者から数カ月で独立起業したSakaiのメルマガ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です