クレジットカード代わりに使えるデビットカードとは?

※このメルマガ配信はメール内のリンクから簡単に解除することができます。
Pocket


こんにちは、Sakaiです!

この記事では、クレジットカードの代わりに使える『デビットカード』について解説していきます。

デビットカードとは?

デビットカードとは、銀行預金口座に紐づけられた決済カードで、クレジットカードと同じように使用することができます。

原則として、使ったその場で即、銀行口座から引き落とされます。

2016-10-26-2
画像はジャパンネット銀行のキャッシュカードですが、『VISA』のロゴが記載されていますよね。

実はこちらのキャッシュカードは、デビットカードとしても使用することができます。

日本ではクレジットカードが広く普及しているので、デビットカードに馴染みのある人は少ないと思いますが、北米・欧州・オーストラリアなどの海外では、ジャパンネット銀行が発行するカードのようなVISAやMasterCardといった国際ブランドの決済機能が標準で搭載されていますので、広く普及しています。

デビットカードの特徴

審査なしで誰でも持てる

デビットカードは、銀行口座に残高があればいつでも使用することができます。

クレジットカードのようにカード会社から一時的に借り入れるというプロセスがないので、審査をする必要がないのです。

クレジットカードとほぼ同様の使い方ができる

クレジットカードと違うのは、ご利用代金が原則使ったその場で引き落とされること。

現金感覚でインターネット上のサービスや商品を購入することができます。

口座残高範囲内でしか支払えないので使い過ぎない

クレジットカードの場合は、銀行口座にお金がなくても利用限度額に達するまで利用できてしまいますが、デビットカードは口座残高が限度額となるので使い過ぎることがありません。

 

おすすめのデビットカード

ジャパンネット銀行Visaデビットカード

ジャパンネット銀行の口座を開設することで、上に挙げたキャッシュカードと一体型のデビットカードが届きます。

・年会費・発行手数料0円

・口座開設はスマホで完結

・ウェブサイトやスマホアプリから利用明細が確認できる

海外にも強い国際Visaブランドですので、輸入転売ビジネスで利用しやすい1枚となっています。

楽天銀行デビットカード

・(JCBブランド)年会費:永年無料  (Visaブランド)年会費:1,029円(税込)

・ご利用100円につき1ポイントの楽天スーパポイントが貯まる

・使い勝手の良い楽天銀行スマホアプリで管理ができる

Visaブランドは年会費が発生しますが、楽天スーパーポイント1%還元は特筆すべき点となります。

まとめ

クレジットカードに抵抗がある人でも、現金感覚で使用できるデビットカードを用いればクレジット決済の利便性を活用することができます。

所持しているクレジットカードの与信枠があまり多くない場合など、デビットカードを併用することで資金をうまく回転させることも可能です。

ネットバンク開設のついでに取得するのが一番簡単ですので、輸入転売ビジネスに活かしてみてください。

それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

無料メールマガジンに登録する

※ご登録3秒後に自動返信されるメール本文内のURLから特典をダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です