Kindle Unlimitedに月額980円の価値はあるのか?おすすめ本と解約方法を解説

※このメルマガ配信はメール内のリンクから簡単に解除することができます。
Pocket

こんにちは!Sakaiです。

Amazonは2016年8月3日(水)に『Kindle Unlimited』という定額読み放題サービスを開始しましたが、

意外とご存知でない方も多いのではないでしょうか?

私はサービス開始からすぐに利用していて継続して契約していますが、

本記事では賛否が分かれているこのサービスについて、書いていきたいと思います。

 

Kindle Unlimitedの特徴とサービス内容

追加料金なし!完全無料で読み放題

 

こちらのビジネス書は、単行本としてAmazonで注文すると約1400円、kindle版でも1123円もする書籍なんですが、

『Kindle Unlimited』に登録していると無料で読むことができます。

サービスの価格が980円なので、ビジネス書を良く読まれる方には相当お得です。

ちなみに、読み放題対象の書籍には、

 

上の画像のような『¥0 Kindle unlimited』という表示がされていますので、すぐにわかります。

 

ラインナップが和書12万冊、洋書120万冊以上

とにかく豊富です。人生が何回あっても読みきれません。

しかもこの数字、Kindle Unlimitedのサービスが開始されたばかりの公式情報なので、今はもっと増えています。

Amazon.co.jp (以下、Amazon) は、本日2016年8月3日(水)、Kindle Unlimitedサービスを開始致しました。
本サービスは月額980円(税込)で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

引用元:日本でもKindle Unlimited、月額980円の定額読み放題サービスを開始

 

2017年12月の時点で『Kindle Unlimited』で読める書籍の数はというと、

 

 

なんと、約193万もの書籍が検索結果に表示されました。

でも実は、

Amazonでは個人でも簡単に電子書籍を出版できる為、

出版社が提供している書籍は約10分の1くらいになると思われます。

 

専用端末以外にもスマホやタブレット、パソコンでも読める

今やkindleは、どの端末からでも読めると言っても過言ではありません。

 

  • iPhoneやAndroidなどのスマートフォン
  • タブレット
  • パソコン
  • kindle専用端末

 

などなど、

あなたが今、私のブログを読んでいる端末でkindleを利用することができます。

更に、クラウドで書籍のデータが共有されているので、

例えば出先でiPhoneのkindleアプリを起動してAという書籍を120ページまで読んだとします。

帰宅してタブレットでkindleを起動し、A書籍を開くと自動的に120ページに同期してくれるので、複数の端末でkindleを利用していても快適に読書をすることができます。

私は元々スマホアプリでkindle本を読んでいましたが、実際に電子書籍に触れてみて、

 

  • どの端末からでも読める
  • 本が場所を取らない
  • いつでも好きな時に読める

 

上記メリットのおかげで電子書籍の魅力に一気にハマりました。

ですので、『Kindle Unlimited』のサービスには即断即決で登録をしました。

 

Kindle Unlimitedは賛否が分かれる

もちろん『Kindle Unlimited』にも欠点はあります。

月に1冊読むか読まないかであったり、

ビジネス書などの比較的高価な本をあまり読まれない場合は月額980円でも元が取れないことがあります。

 

人気のある著作は読み放題対象からはずれることがある

『Kindle Unlimited』サービス開始当初、Amazonは電子書籍のシェアを獲得しようと大注目のなか、

人気作品を取り扱ったり、その他多くの書籍を取り揃えようとしていたんですが、実際にサービスが利用されるようになって人気作品が想定以上にダウンロードされたようです。

となると、ダウンロード数の偏りで収支のバランスを取るのが難しくなり、一部の人気作品は読み放題対象から外れることになるんですね。

 

これ、ビジネス書でも結構あって、どうしてダウンロードができなくなったのか後から調べたら、上記のような問題があったということを知りました。

なので最近は、世間で話題になって読みたいなと思う書籍はほぼ全て『Kindle Unlimited』の対象外になっていますね。

 

10冊までという制限がある

『Kindle Unlimited』を利用するには、一度クラウド上のライブラリに登録する必要があります。

 

上の画像はiPhoneのkindleアプリからですが、このような感じでライブラリに保存される数の上限が10冊までとなっているんですね。

個人的にはそんなに問題ではないんですが、今はダウンロードできている書籍が後々できなくなる可能性があることを考えると、人によっては上限数が少ないと感じるかもしれません。

ちなみに、上の画像にラインナップされている読み放題対象の書籍、おすすめです。

 

Kindle Unlimitedの登録と解約方法

ビジネス書を主に読まれる人にはかなりオススメのサービスなんですが、漫画など多くのロイヤリティを出版社に払う可能性のある人気作品は軒並み対象外です。

実際に検索をしてみて読みたい本があれば、30日無料期間を利用して使い勝手を確かめてみると良いでしょう。

これからご説明するように、登録と解約がとてもカンタンなので、

読みたい本が複数ある時にだけ登録するというのも良いですね。

 

Kindle Unlimitedの登録手順

Amazonトップページを開きます。

 

左上の『カテゴリー』⇒『kindle本&電子書籍リーダー』の順番にカーソルを合わせますと

右側にウィンドウが表示されるので、

『Kindle Unlimited』をクリックします。

 

 

『30日間の無料体験を始める』をクリックすることにより、

登録手続きを進めていくことができます。

 

Kindle Unlimitedの解約手順

 

Amazonにログインした状態で、

『アカウント&リスト』にカーソルを合わせて、

『お客様の Kindle Unlimited』をクリックしましょう。

 


『メンバーシップを管理』項目下の『Kindle Unlimited会員登録をキャンセル』をクリックします。

 

『メンバーシップを終了』をクリックすればサービスを解約することができます。

 

まとめ

 

  • 人気の本にこだわりがなく読書好きなら登録する価値あり
  • 月に1冊読むかどうかの読書量なら必要なし

 

ここまで読んでいただいて少しでも興味がわきましたら、

ぜひ30日間無料体験を使って『Kindle Unlimited』を利用してみてください。

『Kindle Unlimitedに月額980円の価値はあるのか?おすすめ本と解約方法を解説』

についての記事は以上となります。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

無料メールマガジンに登録する

※ご登録3秒後に自動返信されるメール本文内のURLから特典をダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です