連絡が途絶えたらそれまで?メンターとの付き合い方について

※このメルマガ配信はメール内のリンクから簡単に解除することができます。
Pocket

こんにちは、Sakaiです。

私は基本的には自宅で作業をしていますが、平日の空いている時間を狙って喫茶店や、趣味のドライブをする日なんかは、旅先というか、景色の良いところに停車させて、車内で突然作業を始めることもあります(笑)

インターネットさえ繋がればどこでも仕入れや資料作成ができますし、わからないことがあればオンラインでメンターやビジネス仲間に聞くこともできますので、良い環境に身を置いてるなと実感します。

あなたはビジネスを進めていくなかで、モチベーションの維持に繋がる仲間や、トラブルに遭遇した時にはどんなことでも気軽に相談できるメンターのような存在が身近にいますでしょうか?

本記事では、最速で成果を出すためのメンターとの付き合い方について、私の経験談をもとに書いていきます。

関連記事:

最初の直感が大事!一度連絡が途絶えたらもうそれまで?

もしあなたが全くの初心者で、何かしらのビジネスを学ぶためにメンターを選ぶ段階だとしたら、

『直感』

これだけは本当に意識したほうが良いです。

コミュニティを運営されている方々からお話を聞いたり、私も経験したなかで、最初のうちはメンターと音声通話やチャットで報連相を行っていても、作業の継続ができていないと連絡を取る機会を失っていき、そのままフェードアウトするということがあります。

フェードアウトした人がどのように考えて、コンサルティングを受ける決心をしたかの本当の心の内を知ることは難しいです。

『ノウハウコレクター』を経験したことのない私が、全くの初心者の時にメンターを選ぶ基準としたのは、『その方が創ったコンテンツ(主に動画)』の内容でした。

 

それを見て、

もう直感で『この人だ!』と感じましたね。

そのあと何度かメールのやり取りと音声通話でじっくり話す機会をいただき、

きめ細やかなサポートを目の当たりにして

『この人しかいない!』

と、心の中で確信が芽生えたことを今でも良く覚えています。

私はこのビジネスを始めて、本当に色々な人と話す機会に恵まれて、上記のような例はかなり珍しいということを後になって知りました(笑)

 

メンターというのは1人である必要はありませんし、あなたのステージが上がればそのステージに適したメンターを付けるのが最善だと思います。

ですが、私の場合、自分が成長した分以上にメンターが更に進化しているので、まだまだ教わりたいことがたくさんです。

 

ここでお伝えしたいのは、

あなたがこれから長く付き合っていくメンターを選ぶ際には

多少時間をかけてでもその人のコンテンツをチェックして、

『コンサルティングを受けてから1年先でも良好な関係を続けていられるか』を可能な限りイメージしてみると良いでしょう。

 

私の場合は、初めてメンターと音声通話をした時、

一年先の素晴らしい未来が具現化できそうなくらいにイメージ出来ていて、

実際のところ、その時の想像以上に理想としていた自由なライフスタイルを送ることができています。

記事を書いていて、改めてこれって凄いことだよなぁと思いますね(笑)

 

あなたが実際にメンターを選ぶ際は、その方から教えてもらうことで

『1年後、自分がどうなっているか』を、ぜひイメージしてみてください。

 

受け身では最速で成果を出すことはできない

多少厳しい意見となってしまうかもしれませんが、人から次に行う作業を定期的に連絡してもらわなければ出来ないようであれば、起業してビジネスで稼いでいくという意識がちょっと弱いかなと思います。

インターネットビジネスの世界では日進月歩で技術の発達が進んでいますので、自ら積極的に動いていかないと取り残されてしまいます。

もしあなたが『自分は受け身』だと感じていたなら、メンターに『日報』をお願いして、快く引き受けてくれるような環境に身を置くと良いです。

私の場合はメンターから『日報』を提案してもらって実践して成果に繋がったので、

自ら積極的に作業の進捗状況を報告するのはこの上ない効果があります。

なぜなら、作業をしていないと『日報』を書くことすらもできなくなるので、毎日の作業を継続するための強制力が働きます。

インターネットビジネスは継続さえしていれば月収100万円くらいであれば必ず達成できますので、

『自分に強制力を働かせる』

このような環境に身を置くことは本当に大切です。

 

居心地が悪くてもメンターや稼いでいる人がいる場所に飛びこむ

セミナーの後、ほぼ必ず懇親会があると思います。

懇親会の時は自分とレベルの近い人とコミュニケーションを取りがちですし、共感する点が多いのでその方が居心地が良いです。

ですが、この時こそ居心地が悪くても成功者の場に飛びこんでください。もうそれこそ、稼いでる人のミラーニューロン伝搬を全て受け取る勢いで!(笑)

今度あなたが懇親会やイベントなどに参加される時、ぜひ成功者の周囲を観察してみてください。

周囲には成果を出される人であったり、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長されている人が近くにいることに気づくはずです。

仕事が出来て頭のきれる人のいる場所に飛び込むのは、なんとなく気後れするという気持ち、凄くわかります。

私もそうでしたので。

でも実際に意識して稼いでいる人の近くにいると、その人の失敗談をシェアしてもらっては

『自分の失敗なんて失敗のうちに入らないな』と考えることができたり、

ブログやメルマガでは得られない最新の情報を惜しげもなく伝えてくれたり、本当にもう、有益な情報ばかりです。

これって普段から意識して欲しいことで、稼いでいる人とSkype音声などで話せる環境にいるのでしたら、ぜひ積極的にお願いしてみたら良いと思っています。

(もちろん、節度は守ってくださいね)

関連記事:

 

まとめ

本記事で書かせていただいた『直感に従う』『稼いでいる人がいる場所に飛び込む』というのは、人それぞれ感性が違いますし、一概に『これが正しい』とは言い切れません。

ですがやはり行動をしなければ始まりませんし、いずれあなたが実践する可能性のある輸入のリサーチ作業は忍耐力が必要なので、全体のプロセスから俯瞰して見て、特に重要なポイントである『メンター選び』に関しては、

『直感』が反応するまで時間をかけるというのは絶対にやった方が良いと私は思います。

また、懇親会などのイベントで稼いでいる人がいる場所に飛び込むというのも、あなたが最速で月収100万円以上稼ぐためには必須なので、セミナー前に手の甲に『絶対に成功者の隣に座る』と書いて、強制力を働かせてでも実践してみてください(笑)

もしあなたの近くに稼いでいる人がいなければ、あなたの抱えている悩みやビジネス相談など私が乗りますので、お問い合わせフォームやメール、Lineからいつでもお気軽にご連絡くださいね(^^)

それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

無料メールマガジンに登録する

※ご登録3秒後に自動返信されるメール本文内のURLから特典をダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です