目標設定と環境の大切さを実感したエピソード

※このメルマガ配信はメール内のリンクから簡単に解除することができます。
Pocket

 
最速で成功したいのであれば、目標設定を行い、それを意識して作業を継続すると良いです。

継続をすることで小さな成功が積み上がり、失敗を失敗と感じることがなくなります。
 
 
これはどういう事かと言うと、目標を設定すると自分のなかで目標達成までの明確な道筋が見えてくるので、自分が失敗と思っていた事も『通過点』、『必要な工程』と認識するようになってきます。
 
 
例えば、僕の中国輸入での経験で例を挙げると、

Amazon販売で相乗りをしようと考えていた商品の仕入れを進めている最中に、販売ページ作成者が相乗り対策を施したんですね。

このまま納品してもページ作成者がAmazonに状況を説明したら自分の商品は販売できなくなるので、直ちに納品手続きを取り消しました。
 
 
『失敗した』
 
 
と思いました。
 
 

その事を何気なくネットビジネスの先輩に話をしてみると、すぐに別販路での需要を見てくれて、
 
 

「ヤフオクで売ってみてはどうですか?」
 
 
というアドバイスを頂いたんですね。

自分としてはこの商品は失敗で、まだ代行業者の倉庫にあったことと、1個あたりの国際送料が高い商品という理由で、このまま破棄を考えていました。

その考えをお伝えすると、
 
 
「それはもったいないですよ。少しでも取り戻せるなら販売したほうがいいです」
 
 
その言葉に後押しされて自宅に発送してもらいました。

実際にヤフオクで販売してみたら、自分が思っていた以上の価格で売れたのです!

その時はもう、目から鱗でした。
 
 
中国輸入転売ビジネスを実践していく上で、複数の販路で販売していくのはごく普通のことですが、一度も実践していないことを行うのには大きなエネルギーが必要となります。

ですので、新しい事はなかなか始められないので、このようなきっかけを作っていくことは非常に大切です。
 
 
その後、ヤフオクで安定して売れることがわかったのでモチベーションが大いに向上し、初めてのAmazon新規出品に繋がっていくのです。

このケースでは、中国から仕入れた商品を自宅に発送してヤフオクで販売するという経験ができた上に利益も取れ、その後、初のAmazon新規出品に繋がったので、個人的には大成功と言っても良い程の仕入れになりました。
 
 
ここでお伝えしたいのは、Amazonで相乗りができなかった状況は、失敗ではなく『通過点』、または『必要な工程』であったということです。

この経験から『何事もまずはやってみる』ことの大切さを再認識することができました。

この成功は、マインドの強い方からのアドバイスがきっかけで体現するに至りました。

また、目標をしっかり設定していた事でアドバイスが腑に落ち、実践できたのだとも思っています。

普段からビジネスを実践している方々と交流していると、ちょっとした話がきっかけでアドバイスをして頂けたりするので、最速で成果を出す為には、環境による影響はとても大きいです。
 
 

目標設定の仕方については、僕が実践している方法を別記事で詳しく取り上げますので、宜しければご一読頂ければと思います。
 
 
それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

無料メールマガジンに登録する

※ご登録3秒後に自動返信されるメール本文内のURLから特典をダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です