中国輸入転売ビジネスの基本は『ノーブランド』でAmazon検索

Pocket


こんにちは!Sakaiです。
 
中国輸入転売で実際に取り扱う商品は、基本的には『ノーブランド』の中国商品となります。
 
中国商品と聞くと、『不良品が届くのではないか?』と思うかもしれませんが、そもそも私達が使用しているスマートフォン、iPhoneなども中国で製造されている商品ですので、中国で作られる商品の品質はピンキリと言えます。
 
リサーチで良い商品を見つけることが出来れば『高品質で低価格』な商品を仕入れて販売することもできますし、ロゴ刻印やタグを付属、オリジナルパッケージを作ってプライベートブランド化することも十分可能です。
 
中国からお宝を見つけ、良いものをお客様へお届けするという一連の流れは、慣れてくるとやりがいを感じますので、是非楽しんでリサーチしてみてください。
 
この記事では、Amazon販売の基礎中の基礎『ノーブランド』商品のリサーチ方法を解説していきます。
 
 

中国商品のリサーチ方法

 
まず、Amazonのトップページを開きます。
 
 
2016-10-30-1
 
検索窓に『ノーブランド』と入力し、背景がオレンジ色の虫眼鏡をクリックします。
 
 
 
2016-11-20-4
 
このような画面に切り替わります。
 
 
 
2016-11-20-5
 
糖度計は【ノーブランド】とタイトルに記載されていますので、中国商品の可能性が高いです。
 
¥1,580 新品(27 出品)の『新品』をクリックしてみましょう。
 
そうする事により、この商品の新品を取り扱っている 27 名のセラーの一覧が表示されます。
 
 
 
2016-11-20-6
 上から順番にチェックしていきます。
 
店舗名をクリックする事により詳細ページへ移動します。
 
 
 

 
『~のストア』をクリックする事により、商品が見やすいページへ移動できます。
 
順番に商品をチェックしていきましょう。
 
 
 
2016-11-20-8
 
今回はノーブランド風な『やわらか ブランケット』を見ていきます。
 
 
 
2016-11-20-9
 
この画面で評価やレビューを確認して問題なければ、SmaSurf 機能を利用してモノレートのページを開いて需要と供給量を見ていきましょう。
 
 
 

『ノーブランド』以外の検索キーワード

 
『ノーブランド』で検索して出てきた商品の9割以上は中国商品と考えて良いです。
 
2016-11-20-10
 
ですが、Amazonの仕様上、20ページまでに表示される商品しかリサーチすることが出来ないので、別のキーワードで検索する必要があります。
 
「中国製」「類似品」「当社以外の」「GS1事業者コード」「セット オリジナル」「JAN オリジナル」
 
このようなキーワードでも中国商品を探すことが出来ます。
 
上記キーワードは記載しても相乗りブロックの効力はありませんが、中国輸入実践者の心情を逆手に取ってリサーチしていくのも効果的です。
 
思考力を働かせ、有力なキーワードを試行錯誤してリサーチに活かしましょう。
 
 
 

中国輸入セラーのリスト化

 
ノーブランドで検索して商品を見つけながら、同時に中国商品を抱えているセラーを、エクセルやブックマークでリスト化していけば今後のリサーチ効率が大きく向上しますので、是非実践してみてください。
 
2016-11-20-11
 
 
当サイトでは、中国から安く商品を仕入れる方法を解説した100コンテンツを超える大ボリュームのマニュアルを無料で配布していますので、ぜひ下記のリンクから登録して受け取ってくださいね。

無料マニュアルの受け取りはこちら

それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です