モノゾンを導入してモノレートの販売数量を数値化

※このメルマガ配信はメール内のリンクから簡単に解除することができます。
Pocket


こんにちは、Sakaiです。
 
Amazon販売を実践する上で、モノレートを利用されている方も多いと思います。
 
モノレートは『ランキング』の上昇回数を見る事により需要の有る無しを一目で判断することが出来ますが、
 
『月に何個売れているか』という具体的な数値まではこれまで見ることが出来ませんでした。
 
今回はグーグルクロームの拡張機能でモノレートの販売数量を数値化することが出来る無料ツール『モノゾン』の導入方法をお伝えしていきます。
 
このツールを利用することにより、商品の月間販売個数を簡単に把握することが出来ますので、
 
是非、あなたのリサーチに活かしてください。
 
 
 

モノゾンの導入方法

 
まず始めに、グーグルクロームのウェブストアから『モノゾン』をダウンロードします。
 
モノゾンのダウンロードはこちら
 

 
右上の『chromeに追加』をクリックします。
 
 
 

ウィンドウが開きますので、『拡張機能を追加』をクリックして完了です。
 
 
 

 
 
 

モノゾンで取得したデータの見方

 
『モノゾン』をグーグルクロームに追加しましたら、
 
以下のノーブランド品をモノレートで確認してみましょう。
 


 
これまでモノレートで需要を確認する際にはランキングの上昇回数で判断していましたが、
 
このグラフだけでは需要があることはわかりますが、具体的な販売数量を確認することはできませんでした。
 
 
 

上の画像のように、『モノゾン』を利用することによって過去三カ月目までの販売個数を数値化することができます。
 
平均月間販売数も算出されますので、仕入れの判断基準の1つとして参考になります。
 
 
 

終わりに

 
モノゾンはモノレートのデータを数値化することの出来る非常に便利なツールですが、
 
グラフの上昇回数から算出された販売数量となるため、他の情報と併用して精度を高めるといった使い方をすると良いです。
 
正確な数値を把握したい場合には、モノレート等のツールでデータが取れない商品の販売個数を調べる方法で解説しましたようにFBA出品者の在庫変動を手動でチェックするなど、多少の手間が必要になってきます。
 
少し脱線してしまいましたが、手間をかけずに数値化されたデータを見られるのはリサーチ効率を大きく向上することが出来ますので、是非『モノゾン』を導入してあなたのリサーチの精度を高めていってくださいね。
 
 
この記事の内容でご不明な点やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 
それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

無料メールマガジンに登録する

※ご登録3秒後に自動返信されるメール本文内のURLから特典をダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です