最強の有料セラー分析ツール『あまログ』のご紹介

Pocket


こんにちは、Sakaiです。
 
中国輸入転売ビジネスを実践していくなかで、いくつかの有料ツールを使ってきました。
 
この記事では、私が今も継続して使用している有料セラー分析ツール『あまログ』をご紹介します。
 
あまログは現在、新規での募集は受け付けておらず、
 
利用者経由でないとお申込みが出来ないようになっています。
 
『こちら』からお申込みが出来ます。
 
 

あまログとは


 
あまログは、Amazonで販売しているセラーを分析して、
 
『どの商品がいつ・どのくらい売れたのか』『どのような商品で利益を得たのか』を、簡単に検索することが出来るツールです。
 
中国輸入ビジネスは勿論、Amazonを販路とされていればebay輸入を実践されている方にも使える素晴らしいツールとなっています。
 
中国輸入転売ビジネスの基本は『ノーブランド』でAmazon検索の記事で解説させて頂いた方法で中国輸入セラーをリスト化していれば、『あまログ』を利用することにより効率的に売れている商品を『ピックアップ』することが可能です。
 
 
 

Amazonセラーデータを赤裸々に


 
上の画像はAmazonで販売しているセラーを登録後の分析結果ですが、
 
『前日売上』『前日販売数』『週間売上』『週間販売数』『月売上』『月販売数』まで正確に取得することが可能です。
 
 
 

個別に商品登録してデータ分析


 
『ASIN』で個別に商品登録してデータを抽出することも可能で、商品の詳細データから、
 
『前日売れた数』『月に売れた数』『月売上』を一瞬で把握することができます。
 
 
 

あまログの使い方を一部解説

セラー登録方法


 
AmazonのセラーストアページのURL内のseller=『A1OOH95…』の英数字がセラーIDとなりますので、そちらをコピーします。
 
 
 
 
 
あまログにログインし、『セラーからリサーチ』⇒『セラー登録』の順にクリックします。
 
 
 

 
入力フォームに先程コピーした『セラーID』を貼り付けて、『検索』をクリックします。
 
 
 

 
『追加登録するセラー一覧』に検索結果が表示されますので、チェックボックスをクリックして『セラー登録』をクリックで登録完了です。
 
 
 

 
 
 

セラーの詳細分析

先程登録したセラーの詳細を分析してみましょう。
 

 
詳細なデータを取得したい『セラー名』をクリックします。
 
 
 

 
この『セラー登録照会』では、様々な条件でフィルターをかけて、商品データを抽出することが出来ます。
 
今回は、『並び順』⇒『月販売数』の順番に選択して検索していきます。
 
 
 

 
このように、一瞬でセラーの抱えている商品を売れている順番に並べ替えることが出来ます。
 
 
今回はあまログの一部の機能をご紹介させて頂きましたが、外注する際に便利なExcel出力機能など他にも沢山の機能がありますので、是非公式サイトをご覧ください。
 
 
 

あまログの利用料金とお申し込みについて

 
あまログには様々な機能があり、会員ランクによって使える機能に幅があります。
 

 
 
 
あまログは現在、新規での募集は受け付けておらず、
 
利用者経由でないとお申込みが出来ないようになっています。
 
『こちら』からお申込みが出来ますので、ご検討頂ければ幸いです。
 
 
この記事の内容でご不明な点やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 
それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です