パワーポイントで簡単に画像の切り抜き(トリミング)と背景を白くする方法

※このメルマガ配信はメール内のリンクから簡単に解除することができます。
Pocket

こんにちは、Sakaiです。

パワーポイント(PowerPoint)は、言わずと知れたマイクロソフトのプレゼンテーションツールですが、ちょっとした画像加工ならパワーポイントで簡単に行うことが可能です。

今回は、『パワーポイントで簡単に画像の切り抜き(トリミング)と背景を白くする方法』について解説していきます。

 

画像の切り抜き(トリミング)

まず始めに、『パワーポイント』を起動します。

赤枠内の『新しいプレゼンテ・・・』をクリックします。

『挿入』タブをクリック、続いて『画像』をクリックしてください。

画像データの保存先(今回はデスクトップ)をクリックします。

加工したい画像を選択して『ダブルクリック』すると、画像が展開されます。

今回は、1番から8番まで写っているソックス画像のなかから『1番と2番だけ』切り抜きます。

加工したい画像を『クリック(またはダブルクリック)』します。

『書式』タブをクリックします。

『トリミング』をクリックします。

画像の周囲8箇所のうち1箇所ずつドラッグして、切り抜きたい範囲を指定します。

範囲を指定したら、『画像の外側』をクリックするか『ESC』キーを押せば完了です。

画像を保存したい場合は、画像上で右クリック、『図として保存』をクリックして保存先を指定すればOKです。

パワーポイントを使って画像背景を白くする方法

今回は『iPhone用カバー』の画像背景を加工していきます。

背景を白くしたい画像を『クリック(ダブルクリック)』します。

『書式』タブをクリックします。

『背景の削除』をクリックします。

紫色の領域が『削除対象』になります。

前項の『切り抜き(トリミング)』と同じ要領で8箇所のポイントをドラッグして範囲を指定していきます。

範囲を指定してみると、iPhoneのサイレントスイッチ部分が紫色で削除対象となっています。

その場合は『保持する領域としてマーク』をクリックして、残したい部分であるサイレントスイッチ部分をクリックします。

そうすると、先程のサイレントスイッチ部分に『⊕』マークが付くので、他にも残したい部分がある場合には、クリックでこの『⊕』マークを付けていきます。

先程とは逆に、範囲を指定しても削除したい部分が紫色になっていない場合は、

『削除する領域としてマーク』をクリックして、削除したい部分の背景をクリックします。

他にも削除したい部分がある場合、今度は『⊖』のマークを付けていくことになります。

範囲の指定と保存する領域と削除する領域をマークしたら、

指定範囲の外側をクリックして完了です。

今回は『パワーポイントで簡単に画像の切り抜き(トリミング)と背景を白くする方法』を解説していきましたが、

『ワード(Ward)』でも同じ要領で簡単に背景を白くすることが出来ますので、ご自身のやり易いアプリケーションで作業を進めて頂ければと思います。

パワーポイントを使ってフリー画像をデザインする方法も以下の記事で解説していますので、

併せて参考にしてください。

 

ゼロからPC1台で収入を得るスキルを育てる無料メルマガに登録する!

  • ゼロからはじめて副業で最短・最速で月収20万円を達成する方法とは?
  • 会社に依存しないで生きるには『自力で稼ぐスキル』が必須である
  • 私が平日早朝の空いた高速道路をスポーツカーで自由にドライブする理由
  • 人生は迷っていてはあっという間に終わる
  • 1日1時間から・PC1台で取り組める『インターネット完結型ビジネス』とは?
  • 更なる高次元・月収100万円への招待状をあなたに

 

自宅やカフェ、旅先で働ける開放的な人生を叶えるための思考や

ノウハウをお伝えし続けているメールマガジンを無料で配信しています。

 

私が全く稼げない初心者から副業でビジネスを始めて、月収100万円を稼ぐまでの起業ストーリーを読めば、あなたも開放的な人生を手に入れることができるはず。

ぜひ、メルマガを購読してみてくださいね!

無料メールマガジンに登録する

※ご登録3秒後に自動返信されるメール本文内のURLから特典をダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です