中国輸入ビジネス外注化について

Pocket


こんにちは、Sakaiです。
 
中国輸入である程度稼げるようになってくると、売上に比例して忙しさが増してきます。
 
インターネットを使ったビジネスというのは、代行業者やオンラインショッピングサイトを利用すれば確かに1人でも回していけるのですが、
 
『誰にでも出来る作業を外注化』することにより、あなたの使える時間を増やすことができます。
 
 
『副業で作業時間が取れない…』『車で秘境巡りしたいけれど梱包作業が…』
 
『新しいビジネスを始めたい!』

 
 
この記事では、『中国輸入ビジネス外注化について』ということで、外注化を進めるにあたって、私が実際に利用しているサイトや外注化の流れをお話していきたいと思います。
 
 
 

なぜ外注化が必要なのか

 
インターネットの発達した現代においては、1人でもある程度までは稼げるインフラが整っていますが、
 
もしあなたが何らかの理由で作業が出来なくなってしまった場合にはビジネスが止まってしまいます。
 
 
外注化を進めていかなかった場合、例え沢山稼げたとしてもあなたは常に作業に追われてしまうので、決して理想的な生活とは言えません。
 
誰にでも出来る作業を外注化して自動化の仕組みを構築していけば、
 
あなたにしか出来ないことに取り組むことが出来たり、実現したい夢を叶えることに繋がります。
 
 
私の場合は中国在住の日本人の方や台湾人の方に中国商品リサーチを依頼していますが、
 
適正な作業をお願いすることによってあなたが作業をするよりも効率的に進めてもらえることも大きなメリットとなります。
 
 

外注化の流れ

マニュアルの作成

ワードやエクセルでマニュアルを作成しましょう。
 
各作業の一連の流れや要点まで作り込むことによって、あなたが直接1人1人に教えることなくスームズに作業をお願いすることが出来るので、マニュアルの出来が良いほど時間の節約に繋がります。
 
そのためには画像や動画を要所に加えておくと効果的です。
 
 
 

募集サイト

依頼したい作業のマニュアルを作成しましたら、
 
次に募集サイトで作業をして頂ける方を探します。
 

 
募集サイトは有名な『クラウドワークス』を始めとして沢山存在しますので、
 
いくつかご紹介します。
 

 
 
 
外注サイトで募集をかければ沢山の方が応募してくれますが、勿論応募してきてくれた全員を採用することは出来ません。
 
トライアル期間を設けて作業の質やコミュニケーションに問題がないか見ていくと良いでしょう。
 
私が募集をかける時は、必ず音声通話で簡単な面談を行ってから作業をお願いするようにしています。
 
また、『業務委託契約書』を作成して渡すことにより、
 
後々のトラブル回避や、外注さんに安心して作業を行って頂けるようになります。
 
 
 

終わりに

 
外注化を進めるにあたり、仕組みを作り上げるまではあなたは『統括責任者』となるので、
 
外注さんの教育から作業管理、まだあなたが行っている作業を全て統括していく必要があります。
 
 
最初は大変ですが、『経営者』となるためには必ず通る道です。
 
 
人に作業をお願いすることにマインドブロックがかかっている人も多いと思いますが、
 
あなたのビジネスを発展させるためにもまずは行動に移してみてくださいね。
 
 
この記事の内容でご不明な点やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 
それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

4 件のコメント

  • sakaiさん こんにちは!

    最終的には自分も人に任せるということをしていきたいのですが、外注化にもいろいろあると思います。sakaiさんの場合はどこまでの工程を任せていらっしゃいますか?

    また完全にその工程を任せられるなというぐらいに育つのにどれぐらいの時間が平均してかかりましたか?

    • 越中さん、コメントをいただきありがとうございます!

      ご質問いただいた外注化の件ですが、こちらの記事に書いている『中国商品リサーチ』に関しては、依頼後すぐに作業をお任せすることができています。

      完全にお任せできるまでの期間は個人差がありますが、『自分の行っている作業を細分化』してマニュアルに反映させることにより、自分が教えることなく作業に取り組んでいただけるので、結果的に時間の節約に繋がっています。

  • こんにちは。

    外注化の記事とても分かりやすく書いてあり、参考になりました。

    sakaiさんは、外注化をお願いする人を中国に関わる人を選任されているようですが、中国の知識がゼロの素人の方と比べて、作業をお願いするにあたり、
    メリット・デメリットがありますでしょうか?

    • 河内さん、コメントをいただきありがとうございます!
      ご質問の件ですが、中国に関わる方に依頼する最大のメリットは、中国側のリサーチ精度が高いことです。

      デメリットとしては、中国ではGoogleやLineなどの利用が制限されているので、一部の共有サービスはVPNなどの特別な手順を踏まないと利用ができない点です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です