【2021年最新版】中国輸入×Amazonで国際送料を「超安く」する方法を詳しく解説!【60%安い】



※いつでもLINEをブロックすることで配信を停止することができます。

Pocket

 

インターネットが発達して気軽に有益な情報が手に入る昨今においても、本当に今、あなたが必要な情報をピンポイントで得るのはとても難しいことです。

 

特に中国輸入においては、少しでも送料コストを抑えようとGoogle検索しても、広告で目立つところに表示されていたり、ナチュラルに上位表示されている代行会社さんでも、実際に確認をしてみますと国際送料が高かったりします。

 

すでに中国輸入を実践されていて、「少しでも国際送料を安くしたい」と考えておられるなら、本コンテンツを見つけたあなたは間違いなくラッキーです。

 

【2021年最新版】中国輸入×Amazonで国際送料を「超安く」する方法を詳しく解説!【60%安い】ということで、今回ご紹介する方法を実践することにより、「国際送料を劇的に安くする」ことができますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

※当メディアの公式LINEでは本コンテンツ以上に有益な情報を配信しています。

期間限定特典も盛り沢山なのでお早めにご登録くださいね!

 

【2021年最新版】中国輸入×Amazonで国際送料を「超安く」する方法を詳しく解説!

中国輸入×Amazonで国際送料を「超安く」したいなら「ラクマート」でOCSを利用する

まず中国輸入で利用する輸入代行会社さんですが

結論として「ラクマート」さんを利用することを推奨します。

 

まずはラクマートさんの「国際送料」をしっかり確認して、その他の輸入代行会社さんの料金表と比較してみてください。

 

そうしますと、当メディアで初心者の方におすすめしている「OCS(日本の航空会社ANAが資本参加しているので輸送品質が高い)」の料金が、2021年5月時点で「1kgあたり19元(20kg以上の物量必須)」と相当安いことがわかります。

 

安くてもその他のサービス、例えばレスポンスが遅かったり検品の精度が低ければ意味はないのですが、その点ラクマートさんは、低価格に見合わない、スピード感のある対応、日本品質を熟知した丁寧な検品など、今これを書いていておすすめポイントがありすぎて書ききれないと感じるくらいです。

 

ラクマートさんの詳細は以下のコンテンツにまとめていますので、本コンテンツと合わせて参考にしてみてください。

 

関連コンテンツ:

→ RAKUMART(ラクマート)の口コミ・評判まとめ!経験歴3年の僕が実際に使ってみた感想

 

もしあなたが中国輸入×Amazon初心者で、「OCSを利用して国際送料を安く済ませたい」のであれば、以下のコンテンツを参考にしてみてください。

関連コンテンツ:

→ 中国輸入×Amazonで国際送料を安くするには?60kg以上の物量を商品リサーチすべき3つの理由

 

中国輸入×Amazon販売(相乗り出品)の次のステップである簡易OEMで国際送料は60%も「超安く」なる!

 

さて、ここからが本題です。

 

あなたが中国輸入×Amazon販売を半年以上継続し続けている場合には、ある程度まとまった物量を発注する機会もあるかと思います。

 

または、当メディアでは初心者や副業から始められる生徒さんには、中国輸入転売商品をAmazonで販売する「相乗り出品」を推奨していて、ある程度慣れてきたらAmazonで新規にカタログを作成してあなただけのオリジナル商品を販売することのできる「簡易OEM(新規出品)」を実践してもらっています。

 

もしあなたがすでにAmazonでOEM商品を販売されていて、航空便を利用してAmazonに納品、1商品で月間100個以上販売されている場合には、

「高速船便」を利用することにより国際送料コストを60%も低減することが可能です。

 

船便なので航空便と比較して納品が遅くなりますが、「高速」と記載されていますように通常の船便とは違ってかなり速く、十分以上に実用性があります。

 

私が言っている「高速船便」は、ラクマートさんが提供している「高速船便(新規ルート)」というもので、送料は以下のようになっています。

必要な物量は「50kg以上(Amazon直送の場合は70kg以上※時期によって変動)」と、相当数の物量は必要ですが、いくつか制限はあるものの、OCSの実に半分以下のコスト(60%のコストダウン!)で送れるのは大きな魅力です。

 

国際送料を安く済ませることができれば純粋に最終利益が残りやすいですからね。

 

ただ、「高速船便」を利用するには、いくつか越えなければならないハードルが存在します。

それは、

  • Amazon納品の場合は70kg以上の物量が必要
  • 1箱に最大2種類の商品までの制限あり

 

という条件です。

このように、

「高速船便」は、ある程度の物量をコンスタントに輸入販売されている中級者以上のプレイヤーが対象となリます。

 

70kg以上の物量が必要で、2商品までしか送れないということは、

たくさんの種類を少量ずつ取り扱う「単純転売(相乗り出品)」では利用し辛いというデメリットがあります。

 

なので、もし物量が70kgも用意できなかったり、全くの初心者から中国輸入×Amazonを始めるのであれば、

まずは「相乗り出品」でAmazonと輸入代行会社(最初はOCS)の利用方法を実践しながら学ぶ。

 

そしてある程度稼げるようになったら、

簡易OEM(オリジナル商品)を実践し始めて、少なくともあなたのブランド1商品あたり35kg(2種類で70kgに到達!)以上を発注できるようになってから「高速船便」を利用することを推奨します。

 

関連コンテンツ:

→ 【2021年最新版】副業から中国輸入を始めて現実的な稼げる金額とやり方・始め方を詳しく解説

 

ラクマートさんの「高速船便(新規ルート)」は、「海源物流会社」という物流会社さんがサービス提供していて、他の輸入代行会社さんでも同様の「高速船便」を利用できるところがあるようです。

 

けれども、

ビジネス仲間や生徒さんからお伝えいただいた情報と、私が確認した限りでは、ラクマートさんは「ポイント制」を導入していてユーザーに還元してくれたり他の代行会社さんは「月額制」であったりと、やはりラクマートさんは低価格かつサービスの質を含めた総合的なコストパフォーマンスが高いですね。

 

ということで、現状はラクマートさん一択だと思いますので、ぜひ一度利用してみることをお勧めします。

 

当メディアからラクマートさんにお申込みをすると

登録から30日間手数料無料特典プレゼントします!

 

⇒ RAKUMART(ラクマート)に登録して特典を受け取る

 

また、代行会社関連の情報はブログだと規約的に書けない事が多いので、詳しくはLINEとメルマガでも紹介しているのですが、もし本コンテンツを有益だと感じたならぜひ下の方までスクロールして、LINEに登録してみてくださいね。

 

それでは、本コンテンツは以上となります。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました!

★無料で3大特典がもらえるLINE限定中国輸入講座を受けてみませんか?
今では起業しているSakaiですが、

・正社員面接で落ちまくり
・適当に生きてネトゲ廃人
・工場勤務で重責に耐えられずアルコールに溺れ
・真剣に取り組んだ仕事の正社員登用試験もやはり落ちる

と、いろいろとそれなりの経験をしてきました。

でも、やろうと思えば誰だって、いくらでもやり直せるんです。

そのために何を学ぶべきか?

ということがわかる無料メルマガを運営しているので、ぜひきっかけになりましたら幸いです。

なんのスキルも持っていない 普通の工場作業員だったSakaiが、

・どうして現状に危機感を覚え、すぐに行動に移して稼げるようになったのか?

・中国輸入と情報発信をして個人で稼げるスキルを身につけることが、人生の自由度をあげる一番の近道であること

LINEとメルマガではこういう事を話していきます。

「これ本当に無料なんですか?」と言ってもらえた「仕入れ前の利益計算予測ができる『中国輸入管理表(超高機能!)」を特典としてプレゼントしていますので、ぜひ手に入れてみてください。



>>>無料でLINE講座を受けてみる

※いつでもLINEをブロックすることで配信を停止することができます。

※今なら『電子書籍』と『入門編・準備編・実践編の3動画』を無料進呈中!

■さらにアンケートに回答するとLINE限定読者専用特別プレゼントを3つ進呈!■

★Amazonですでに売れている販売ページに『相乗り』して7ヶ月で月商100万月収21万円達成した思考と実践法(中国輸入転売マニュアル)
★仕入れ前の利益計算予測ができる『中国輸入管理表(超高機能!)』
★開始2ヶ月〜10ヶ月で月商30〜120万円規模まで売上を伸ばした生徒さんも実践している、成果に直結する「仕入れ前の利益計算方法とその重要性を詳しく解説」動画



>>>無料でLINE講座を受けてみる

※いつでもLINEをブロックすることで配信を停止することができます。

※動画の内容や一部の特典は、実践者が多くなることにより旨味が薄れてしまったり、秘匿性の高い情報が含まれています。予告なくコンテンツの公開を終了することがありますので、お早めにご登録ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です