Amazonを利用した中国輸入で利益の出る商品のリサーチ方法

Pocket

 

中国に拠点を置く輸入代行業者に発注をして、直接日本のAmazon倉庫に納品する場合には、あなたが行う作業は9割以上、リサーチに時間を費やすと言っても過言ではありません。

 

利益に直結する作業ですので、基本をしっかり押さえて儲かる商品をどんどんストックしていきましょう。

 

Amazonで需要のある中国輸入商品をリサーチする具体的な手順

 

今回は基本中の基本、すでにAmazonで販売している出品者が抱えている商品をリサーチをしていきます。

 

実力のある出品者を見つけることができれば、芋づる式に儲かる商品を見つけることのできる王道リサーチです。

 

それでは、あなたも実際にAmazonのサイトを開いて、一緒にやってみてくださいね!

※本記事でご紹介するリサーチ方法はGoogle chrome(グーグルクローム)というブラウザが必須となっています。

参考記事:

⇒ 最強のブラウザ!グーグルクロームの導入方法

 

中国輸入商品を扱っているセラー(出品者)を見つける

 

今回は『ホビー』カテゴリーの『ノーブランド』を見ていきましょう。

のカテゴリー選択ボックスから『ホビー』を選んで、の入力フォームに『ノーブランド』と記入して、の虫眼鏡マークをクリックします。

 

ホビーカテゴリーのノーブランド品が画面一杯に表示されます。

 

『ノーブランド』と入力して検索結果に表示された商品は、9割以上中国で輸入できるので、別のカテゴリーや検索方法でも試してみてください。

 

今回は『ウェディングドレス』を選択して進めていきますが、普通に商品を購入するのではなく、中国商品を抱えている出品者を見ていきたいので、『新品(13出品)』をクリックしてみましょう。

 

この『新品13出品』は、『ウェディングドレス』の商品販売ページに13人の出品者が販売しているということです。

 

セラーが扱っている商品を見ていく

13人のセラーが表示されますので、順番に見ていきます。

 

確認したい『セラー名』をクリックして、出品者の詳細ページに移動しましょう。

 

続いて、セラー名の下にある『~storefront』をクリックしてください。

 

 

セラーが販売している商品が表示されます。

 

パッと見る限りでは、GARMINやディズニーなど、欧米輸入品も販売されていますので、

今回は中国商品で良くある『手のマネキン』を見ていきましょう。

 

仕入れ基準を満たした商品かどうかを確認する

 

中国輸入で利益を得る為には、Amazonでたくさん売れている商品を見極める必要があります。

 

今回はSmasurfというツールと、モノレートというサイトを利用して、『手のマネキン』が仕入れ基準に満たした商品かどうかを確認します。

参考記事:

⇒ 中国輸入転売ビジネス必須ツール『SmaSurf 』の導入方法

⇒ リサーチに必須!モノレートの使い方

 

『SmaSurf設定』タブにカーソルを合わせると小ウィンドウが開くので、の『アイテムクイックを表示する』にレ点を入れる。

 

それによりSmaSurfの機能が利用できるようになりますので、追加されたウィンドウ内の『モノレート(日本)』をクリックしてみてください。

 

ここでまず確認してもらいたいのが、『最安値』『出品者数』『ランキング』の3項目です。

 

理想としては、最安値はプライム会員の場合には送料無料となる2000円以上、出品者数は5名以下、ランキングは20000位以内となりますが、この辺りの基準はケースバイケースの場合も多々あるので、自分のなかで守るべき基準を決めておくと良いです。

参考記事:

⇒ 中国輸入転売ビジネスにおける商品の仕入れ判断基準

 

『手のマネキン』は、セラー数が10名以上とライバルが多いので見送ります。

 

今見ているセラーは、欧米輸入商品が多く、他の中国輸入商品を確認しても利益の取れる商品がなかったので、別のセラーを見ていきたいですよね。

 

そのような場合、

前項の『中国輸入商品を扱っているセラー(出品者)を見つける』で見ていた他の出品者12名を見てもいいですが、仮に全てを確認し終えていたとしたなら、今回リサーチした『手のマネキン』に相乗りをしている10人以上のセラーを確認していきます。

 

モノレートの上の方に『ASIN』というコードが記載されています。

このBから始まるコードをコピーして、Amazonトップページの検索窓に貼り付けて検索をしてみましょう。

参考記事:

⇒ Amazonの商品を簡単に探せる『ASINコード』とは?

 

 

続いて、『ウェディングドレス』と同じ要領で『新品(11出品)』をクリックして、順番に見ていく作業を繰り返していきます。

 

数回繰り返していくと、ほぼ全て中国輸入商品を抱えているセラーを見つけることができます。

 

しかも今回は良い商品をたくさん販売していて、芋づる式に儲かる商品が見つかる予感!

 

早速『ジュエリーボックス』を見ていきましょう。

 

 

レビューは☆3.5と高くはないですが、私が設定する判断基準は満たしています。

 

続いて、モノレートでランキングと出品者数を確認してみましょう。

 

価格は若干の値下がりが確認できるものの、出品者数(ライバルとなるFBA出品者は4名)とランキングは仕入れ基準を満たしていますので、ここでようやく仕入れ候補となります。

 

中国サイトで仕入れ候補(Amazonと同一商品)を見つける

 

輸入代行業者を利用する場合、主にタオバオとアリババというサイトでAmazonと同一の商品を見つけて、発注依頼をかけます。

※本記事はWindows10で進めています。

MACOSの場合は別途、画像検索手順を動画で解説しています。(音声注意)

 

今回はタオバオサイトの『画像検索機能』を利用して、

Amazonと同一の商品をリサーチしてみましょう。

 

リサーチしたいAmazon販売ページの商品画像をクリックして画像一覧を開き、タオバオサイトで検索をかけたい画像の上にカーソルを合わせて右クリック、続いて『画像アドレスをコピー』をクリックします。

 

次に、タオバオサイトを開いて『虫眼鏡マーク』をクリックしましょう。

タオバオサイトはこちら ⇒ タオバオサイト

 

続いて、『カメラアイコン』をクリックします。

 

『ファイル名』右の入力フォームに、先程Amazon販売ページでコピーした『画像アドレス』を貼りつけて、『開く』をクリックすると、タオバオの画像検索機能が自動的に、画像と同一、または類似した商品を抽出します。

 

デフォルトでは『箱包(バッグ)』で検索されていますが、表示された画像を見る限りではイメージと相当かけ離れています。

 

このような場合は、別のカテゴリーを順に選択して、

もっとも形状が近い商品画像が表示されたカテゴリーを見ていきます。

 

今回は『其他(その他)』を選んで進めていきます。

 

 

今度はAmazonと同一画像が表示されるようになりました。

 

ですが、これだけ同じ画像が並ぶとどれを見ていけば良いのか迷ってしまいますよね。

 

そこで参考にしたいのが、画像赤枠内の『0人付款』という箇所です。

 

『付款』は、日本語で『支払い』という意味なので、上記は0人が購買しているということになります。

 

ここから汲み取れるのは、価格設定が適切でなかったり、商品の品質に難があるなどの可能性がある店舗からはそもそも購入されないので、購買実績のある店舗から購入する必要があります。

 

ページを下の方へスクロールして見ていくと、カラーは違いますが『265人付款』の画像を見つけました。

 

早速見ていきましょう!

 

 

 

Amazonと同一のカラーバリエーションがありましたので、更に詳しいデータを確認していきます。

 

価格右上の『累计评论(1382)』『交易成功(229)』に注目してください。

 

交易成功は取引が成立した数というのはわかりやすいですが、ここで注目したいのが『累计评论(1382)』、直訳すると累積コメント数です。

 

いわゆる商品レビューや購入者が撮影した画像がこのコメント欄に載っていますので、『累计评论(1382)』をクリックして実際に見ていきましょう。

 

グーグルクロームのページ全体翻訳機能を利用することにより、完璧な日本語ではありませんが、商品の品質が良いことが確認できます。

 

画像を確認することができるので、店舗評価の低い仕入れ先にありがちな違う商品が届くリスクも減らすことができますね。

 

ここまで確認ができたら、あと一息です!

 

以下の記事を参考に、最終確認である仕入れ前の『利益計算』を行ってください。

⇒ Amazon中国輸入実践者必見!仕入れ前の利益計算方法を詳しく解説

 

その他関連記事:

⇒ 輸入ビジネスは日本語だけでOK!中国語や英語を簡単に翻訳する方法

⇒ 中国輸入転売ビジネスにおけるタオバオサイトの基本的な使い方

⇒ 中国輸入転売ビジネスにおけるアリババサイトの基本的な使い方

 

中国輸入セラーをリスト化

今回『ジュエリーボックス』を販売していたセラーは、他にも利益の取れる商品を抱えていて、芋づる式に儲かる商品を見つけることができました。

 

このような有力なセラーをExcelやブックマークでリスト化することにより、今後のリサーチ効率が向上しますので、ぜひ実践をしてみてください。

 

Excel等で作成した中国輸入管理表にストックする

 

リサーチをした商品は、Excel等で作成した管理表にストックしていきましょう。

中国から日本へ商品を発送する際にかかる『国際送料』は『体積重量』と『重量』によって決まるので、管理表を作成する際には必ず記載するようにしてください。

 

仕入れる前に必ず商標権や著作権・法規制を確認する

 

私は購入するだけの時には全く気づくことはなかったのですが、Amazonでは誰でも簡単に商品販売ページ(カタログ)を作成することができます。

 

知識の浅い出品者がカタログを作成した場合、商標権や著作権、法規制がかかった商品を販売し続けているケースが多々あるので、中国輸入の実践を通して、

出品停止やAmazonアカウント閉鎖などから身を守る知識を蓄積していく必要があります。

以下の参考記事一覧に、最低限必要な知識をまとめましたので、実際に仕入れる前にお読みください。

 

参考記事:

⇒ Amazon販売に取り組む前に必ず知っておくべき商標権について

⇒ アメリカで登録されている商標権を調べる方法

⇒ 中国輸入初心者がAmazonで販売OKと判断しやすいNG商品

⇒ Amazonリサーチ時に注意すべき中国輸入NG商品とは?

⇒ 輸入禁止商品と輸入規制商品について

 

終わりに

 

今回はAmazonで既に売れている商品カタログに出品していく『相乗り販売』について解説をしていきました。

 

いきなりオリジナル商品を作成するのは覚えることが多く敷居が高いですが、『相乗り販売』で月収10万円以上を稼げるようになると、基礎的なPCスキルからAmazon販売の物販スキルまで、今後あなたのビジネスに役立つ技術を幅広く身に着けることができます。

 

まずは相乗り販売で知識とスキルを身に着けて、将来的には外注化やオリジナル商品を創って新規出品してあなたのビジネスを拡大していきましょう。

 

それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました!



私、Sakaiは、普段インターネットを利用した
最先端のスキルを駆使して

場所を選ばずにビジネスを
行えるようになりました。

 
『北陸の新鮮な寿司を食べたい』

と、思い立てば即行動!

 
早朝5時に家を出て、
平日の空いた高速道路を
スポーツカーで快適にドライブ。

 
朝から開店している金沢の寿司屋で
とれたてのマグロやウニ軍艦、
炙りトロにのどぐろ、

多種多様な味を楽しめる海鮮丼など
お好みのネタを値段を
気にせず好きなだけ頬張る。


 

「個人で稼ぐスキル」を身につけたおかげで、
自由な生活を楽しめています。

 
今でこそビジネスを楽しみながら
日々を過ごせていますが、
もともとは工場の作業員でした。


真冬はブルブル震えながら、真夏は汗びっしょりになりながら

作業服を着て工場でライン作業を
機械のようになって労働する日々のなか

「このまま、自分の人生はロボットみたいなことをして終わるのかな…。」

と思って絶望したのですが、

とあるきっかけがあって
今では自由を謳歌できています。

 
インターネットの普及した現代では、
仕組みやプラットフォームをフル活用して
業務の効率化を追求すればするほど

私のように個人で月収100万円以上を
稼ぐことも十分可能です。

 
自由な生き方をしたいと思ったあなたへ、
副業からでもビジネスを起こし、
自由なライフスタイルを選択できる秘訣を
メルマガでお届けしていきます。


最短・最速で月収20万円に到達する
輸入マニュアルを有料販売しようと思っていたのですが、

メルマガ登録メンバーのみ期間限定で絶賛プレゼント中です!


※i.softbank、docomo、ezweb、outlook、hotmail、icloudは届かないのでGmail、ヤフーメールをご利用ください。登録後すぐにメールが届きます。もしすぐ届かない場合は、迷惑メールボックスの確認をお願いします。

中国輸入で初心者から数カ月で独立起業したSakaiのメルマガ



2 件のコメント

  • お世話になります。
    中国輸入未経験な自分にも、とても分かりやすく、これからの実践にとても役立つ内容だと感じました。

    • こんばんは!
      本コンテンツのリサーチ方法で利益の取れる商品は着実に見つかっていきます。
      まずはぜひチャレンジしてみてください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です