貧富の格差が拡大傾向の日本で凡人が富裕層になるには?

Pocket

 

こんにちは!Sakaiです。

 

まず最初に、私の考えをお伝えしますと、

富裕層になるためには

 

『ビジネスを実践してお金の正しい使い方を学ぶ』

『ビジネス・商売で得たお金で資産(株や不動産、暗号通貨など)を買って運用していく』

 

以上が、凡人が最速で富裕層になる方法で、

私も現在進行形で実践していることになります。

 

なぜ貧富の格差が拡大するのか

フランスの経済学者トマ・ピケティの考察

 

トマ・ピケティは経済的不平等についての専門家で、資本主義と格差拡大について検証した『21世紀の資本』という著書で、世界的に有名となったフランスの経済学者です。

 

700ページ以上の経済書で全て読むのは大変ですが、『格差拡大の要因』については、経済ド素人の私でも腑に落ちるくらい理解しやすい公式で解説されていますので、以下の項目でご紹介していきます。

 

資本収益率は経済成長率を常に上回っている

 

『資本収益率』とは、純資産(株や債権、不動産など)から得られる収益のことです。

 

対して、

 

『経済成長率』は、言葉の通り経済の成長率となります。

 

経済は、企業に勤めているサラリーマンの労働力によって成長し、その対価としてサラリー(給料)を得ることができますよね。

 

つまりは、経済の成長率によってサラリーマンの給料は上昇していくのですが、

ピケティ氏は以下の明解な公式で、株や不動産を保有している富裕層と、企業からの報酬を得て生活しているサラリーマンとの間の所得格差が拡大していることがわかります。

 

※本項の掲載資料は内閣府ホームページ上で公開されている『日本の格差に関する現状』から引用しています。

 

r(資本収益率)>g(経済成長率)

上の公式をもう少しかみ砕いて書いていくと、

株や不動産などの資産を持つ富裕層が働かずにお金が増えていくペースの方

労働者が必死に働いて経済を成長させていくペースよりも常に上回っているので、

格差は広がる一方ですよ!ということです。

 

そこで、ピケティ氏が提言しているのが、富裕層が保有する財産に資本課税して、所得格差を是正する必要があるとしています。

 

それも、国単位での課税ではタックスヘイブンでスイスや香港などの外国に富裕層のお金が流れてしまうので、全世界的な情報報告システムを構築する必要があるとも言っています。

 

貧富の格差が拡大傾向にある日本において、

私はビジネスを始めて収入について意識することが多くなってきたので格差の拡大傾向を感じていますが、

あなたは『格差感』というものを感じたことはありますか?

 

私は企業に勤めていた頃には特に考えていなかったように思います。

 

内閣府が郵送法で調査をした、以下のようなデータがあります。

 

 

全国の有権者からの回答では、96人中76人が『日本では最近、所得の格差が広がってきている』と感じていて、

93人中62人が

『豊かな層から税金を多く取って貧しい層との所得格差を減らす再分配策を、今よりも進めるべきだ』と回答しています。

 

富裕層になる一般的な流れ

 

それでは、いま富裕層と言われる人達はどのようにして財を築いていったのでしょうか?

 

  1. 企業の従業員として仕事で大きなパフォーマンスを発揮する
  2. 親や夫、妻から会社や財産を受け継ぐ
  3. 起業する
  4. 投資をして財産を増やしていく

 

一般的な富裕層は、上の4項目のいくつかを組み合わさった形になっています。

 

直感に従う・好きなことを突き詰めて富裕層になった人達

 

中には、自分の好きなことをして財を築いた成功者もいますが

『面白い、やりたいと思ったらすぐにやるスピード感』を垣間見ることのできる、

ある特徴があります。

 

即行動!学歴は関係ない・中退者が多い

iPhoneを開発したAppleのスティーブ・ジョブスは、リード大学を中退して成功した起業家として、もっとも有名だと思います。

 

他にも、

ハーバード大学を中退した世界一の大富豪であるビル・ゲイツ、同じくハーバード大学を中退してFacebookを創業したマーク・ザッカーバーグは世界で最も若い大富豪です。

 

仮にもし、上に挙げた世界的なCEOが大学を中退して行動に移さなかったとしたら、スマートフォンはまだ普及していなかったかもしれませんし、それ以前にパソコンやインターネットが広まっていなかった、と考えると、今すぐに行動することの重要性が良くわかります。

 

でもやはり、世界トップクラスのCEOと私たち凡人が

『突然アイデアが閃いて新しいことを始める』というのは、とても難しいことだと思います。

 

貧富の格差が拡大傾向の日本で凡人が富裕層になるには?

 

それでは、特別な才覚のない凡人が最短で富裕層になるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

たくさん稼ぐ

もしあなたが大企業のエリートサラリーマンだとしたら、エリートとして順当な出世を狙っていけばたくさん稼いでいくことができますが、日本に住む大半の社会人はそうではありません。

 

そうであれば、30代以降のごく一般的な企業に勤めるサラリーマンが実践できるのは、

『起業する』『投資家になる』の2択になります。

 

ただ私の経験上、投資から始めることはあまりおすすめできません。

 

私が実際そうだったのですが、特別に興味もなくネットや本で勉強した程度ではお金持ちはおろか、資産をプラスにすることすらそう簡単ではありません。

 

今でこそ投資を行って利益を得ることができていますが、実は投資というのは、自分でビジネスを実践する以上に『ビジネスマインド』が求められます。

 

ですので、『ビジネスで稼ぐ』→『投資をする』という順に実践していくことをおすすめしています。

 

ただ、サラリーマンをしていて突然『起業をする』というのは難しいですよね。

 

そこで、たくさん稼いでいくのに必要な選択肢の1つとして『副業』が挙げられます。

 

副業でビジネスを実践することにより、本業以外にも収入を得る手段が増えますので、たくさん稼いでいくことができますよね。

 

また、複数の収入の柱を持つことは長期的に稼ぎ続ける為にはとても重要です。

 

精神的自由を得たいなら収入の柱を複数持とう!

の記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読いただいて、今からでも収入の柱を複数建てていくことを考えてみてください。

 

お金を守る

富を形成していくためには、たくさん稼ぐと同時に手元にお金を残しておく必要があります。

 

  • 毎月支払う固定費の水準は上げない
  • 税金の仕組みを理解する

 

この2点は、私のメンターや成功者がよく話されていて、私も意識していることです。

 

例えば、ビジネスで短期的に大きく収益が発生して、家賃数十万円の高層マンションに引っ越すとします。

 

大きく収益が発生したビジネスが継続して成長していけば問題はないのですが、万が一ビジネスが停滞してしまった場合には、家賃や光熱費といった固定費は『浪費』に繋がってしまいますよね。

 

ですので、富裕層になるためには、たくさん稼ぐという考え方だけでは足りなくて、お金の使い方を学んで、守っていくという考え方も必要になります。

 

税金の仕組みにしても、知識があるのとないのとでは手元に残るお金に大きな差が開いていきます。

 

それでは、お金を守るということを学ぶにはどうすれば良いのか?

 

次の項目で解説していきます。

 

自己投資をする

この項目でお伝えをする自己投資とは、株や不動産などに投資するのではなく、

あなた自身が『自力で稼げるスキルを身に着ける為の投資』です。

 

例えば、

 

  • ビジネスに関するセミナーに参加する
  • ビジネスに関するコンサルティングを受ける
  • パソコンやツールを買う
  • スポーツジムに通う

 

などですね。

 

特に、ビジネスに関する投資は、

Excelやパワーポイント、動画編集スキル、コピーライティングやマーケティング知識などなど、

あなたが一生涯稼ぎ続けられるスキルを身に着けることができます。

 

仮に、ピケティ氏が提言する資本課税が実現したとしても、あなたのお金を稼ぐスキルにまで課税することはできないので、富裕層になるための最初の一歩として『自己投資』はとても重要です。

 

また、前項で『お金を守る』ということを学ぶのには『自己投資』をして『ビジネスを実践する』ことが一番だと私は実感しています。

 

なぜかというと、

例えば私の場合はですが

自分でビジネスを回してお金を稼ぐには

ツール(PC)・人間(外注)・環境(コミュニティ)などにお金を投資しています。

 

会社では与えられた仕事をこなしていけば、最低限の給料は保証されていますよね?

 

毎月必ず給料が入ってくるという保証は、

『お金を守る』という意思の欠落に繋がっていきます。

 

対して、

自分でビジネスを始めたからには

お金の使い方を必死に学んでいかなければ安定して稼いでいくことはできません。

 

ビジネスを実践していくことにより、

稼ぐ為のスキルを学べるのに加えて正しいお金の使い方(投資)も学べますので

副業からでも何かしらのビジネスを実践すると良いですね。

 

 

投資をする

そして最後のステップとして、株や不動産、現代では新しい分野である暗号通貨などに投資をしていくことが、いまだ資本主義の現代においては富裕層になるために必要だと思います。

 

結局のところは、いかに早く『資本収益』を得られるようになるかどうかというところですね。

 

投資に成功するとお金自身も働いて新たなお金を稼ぐようになるので、富は加速度的に増えていきます。

 

ですので、

富裕層になるためには、上記のような『資本収益』を得て、

あなたが働かずともお金が増えていく仕組みを作ることが、富裕層になるための条件です。

 

  • 株式投資
  • 不動産投資
  • FX
  • ビジネスの外注化(オーナーになる)
  • 暗号通貨(現段階では投機色が強い)

 

私の場合、『ビジネスの外注化』『暗号通貨』投資は既に実践していて、他の投資も勉強しています。

 

まとめ

 

本記事では『貧富の格差が拡大傾向の日本で凡人が富裕層になるには?』というテーマでお話をさせて頂きました。

 

・なぜ貧富の格差が拡大するのか

⇒ 株や不動産などの資産を持つ富裕層が働かずにお金が増えていくペースの方が、労働者が働いて経済を成長させていくペースよりも常に上回っている

 

・富裕層になる一般的な流れ

⇒ 仕事で圧倒的なパフォーマンスを発揮する、財産を受け継ぐ、起業する、投資をする

 

・直感に従う・好きなことを突き詰める

⇒ 学校を中退してでもやりたい事があれば成功する可能性はあるが、凡人には難しい

 

・貧富の格差が拡大傾向の日本で凡人が富裕層になるには?

⇒ 『ビジネスで稼ぐ』→『投資(自己投資も含め)をする』

 

サラリーマンであるあなたが富裕層になる為には、

副業からでも良いので自分のビジネスを持ち、自己投資をしてお金の使い方を学んでいく。

 

その後に投資というステップに移っていくということです。

 

ビジネスを実践していると、起業家仲間から投資に関する良質な情報もたくさん入ってきますので、まずはぜひ副業から、初心者からでも良いのでビジネスを始めてみてください。

 

それでは、今日はここまでとしますね。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!



私、Sakaiは、普段インターネットを利用した
最先端のスキルを駆使して

場所を選ばずにビジネスを
行えるようになりました。

 
『北陸の新鮮な寿司を食べたい』

と、思い立てば即行動!

 
早朝5時に家を出て、
平日の空いた高速道路を
スポーツカーで快適にドライブ。

 
朝から開店している金沢の寿司屋で
とれたてのマグロやウニ軍艦、
炙りトロにのどぐろ、

多種多様な味を楽しめる海鮮丼など
お好みのネタを値段を
気にせず好きなだけ頬張る。


 

「個人で稼ぐスキル」を身につけたおかげで、
自由な生活を楽しめています。

 
今でこそビジネスを楽しみながら
日々を過ごせていますが、
もともとは工場の作業員でした。


真冬はブルブル震えながら、真夏は汗びっしょりになりながら

作業服を着て工場でライン作業を
機械のようになって労働する日々のなか

「このまま、自分の人生はロボットみたいなことをして終わるのかな…。」

と思って絶望したのですが、

とあるきっかけがあって
今では自由を謳歌できています。

 
インターネットの普及した現代では、
仕組みやプラットフォームをフル活用して
業務の効率化を追求すればするほど

私のように個人で月収100万円以上を
稼ぐことも十分可能です。

 
自由な生き方をしたいと思ったあなたへ、
副業からでもビジネスを起こし、
自由なライフスタイルを選択できる秘訣を
メルマガでお届けしていきます。


最短・最速で月収20万円に到達する
輸入マニュアルを有料販売しようと思っていたのですが、

メルマガ登録メンバーのみ期間限定で絶賛プレゼント中です!


※i.softbank、docomo、ezweb、outlook、hotmail、icloudは届かないのでGmail、ヤフーメールをご利用ください。登録後すぐにメールが届きます。もしすぐ届かない場合は、迷惑メールボックスの確認をお願いします。

中国輸入で初心者から数カ月で独立起業したSakaiのメルマガ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です