目標を紙に書くと実現するって本当?驚きの効果を大公開!

※このメルマガ配信はメール内のリンクから簡単に解除することができます。
Pocket

 

こんにちは、Sakaiです。

 

あなたは『目標を紙に書くと実現する』という話を聞いた事はありますか?

 

「そんな簡単な事で実現したら苦労しないよ」

 

そう思いますよね。私も初めて知った時はそうでした(笑)

 

でも、実は目標を紙に書くのは言うほど簡単ではなく、

それだけの行動力があれば本当に実現します。

 

どうしてこういう事が起こるのかメカニズムがとても気になったので、自分なりに調べて共感出来た内容と実践方法を、この記事では書いていきたいと思います。

 

目標を紙に書くと実現する

 

恥ずかしいので公開しようか迷いましたが、このテーマは実践すると本当に効果があるという事をどうしてもお伝えしたいので公開します。

 

20161112_144056720_ios

 

画像のメモ帳に綴った目標は、輸入転売ビジネスを始めたばかりの頃、なかなか思うような成果が出なかった時に書いたものです。

 

そして、翌月にはあっさりと達成してしまいました!

 

他にもいくつか目標を書きましたが、1年も経たないうちにいくつか達成しています。

 

人生においての目標設定

 

『億万長者』『健康的な身体』『地位と名声』『良好な人間関係』

 

大体の人は、上記に関連した事を目標として設定するのではないでしょうか?

 

あるいは、

 

『新しい車や家』『自分の事を深く理解してくれる伴侶』『自由』

 

…望みは尽きません(笑)

 

勿論上記のような求めているもの、欲しているものを軸に目標設定をしていく訳ですが、ただ漠然と『お金が欲しい』『社長になりたい』と書くのではあまり効果は見込めません。

 

効果的な目標設定には、

 

『社長になって~をするぞ!』

『お金を手に入れて~を成し遂げる!』

 

といったように、

熱い感情が沸き起こる未来のビジョンが明確に想像出来れば出来るほど良いとされています。

 

感情の伴う目標には途轍もない力がありますので、紙に書いた目標を見るたびにエネルギーを充填できる=モチベーションの維持、向上に役立ちます。

 

感情の伴う目標にお金が必要であれば、小さな成功体験の一通過点として大金を稼ぐことが出来ます。

 

当サイトは中国輸入転売に関する情報をお届けしていますので、紙に書いたことを実現する手段の参考例として、まずは中国輸入転売ビジネスで月収10万円を迅速に達成するという目標を設定します。

 

中国輸入転売ビジネスにおける目標設定

 

ビジネスで実績を出す為の目標設定の方法は、C型、D型目標設定がお勧めです。

 

月、週、日ベースでの目標設定方法を説明します。

 

結果と成果の違い

例えば、私がメモ帳に書いた中国輸入転売ビジネスで『月収10万円を達成する』というのは『成果』です。

 

『1万円の利益が出る商品を10種類販売する、1万円の利益が出る商品を3日に1つ見つける、3333円の利益が出る商品を1日1個見つける』というのは『結果』です。

 

・C型目標 ⇒ 通称Can型目標 (最終的な成果)『月収10万円を達成する』

・D型目標 ⇒ 通称Do型目標 (行動結果) 『3333円の利益が出る商品を1日1個見つける』

 

多くの人はC型目標を設定するだけで、D型目標を設定していません。

 

『3333円の利益が出る商品を1日1個見つける』という行動結果があって『月収10万円を達成する』という成果に繋がります。

 

『3333円の利益』というのは中国輸入で考えるなら、一個当たり約110円の利益が取れる商品を1日1個売る、または約330円の利益が取れる商品を3日に1個売れば達成できる金額です。

 

月ベースから週ベース、最終的には日ベースまで落とし込むことにより、1日にやるべき作業が明確になりますので、日々の行動がとても楽になります。

 

更に自分が実際に行って成果を上げたように、

メモ帳に目標を書けば達成までの時間を短縮することができるので

是非とも日ベースまでの目標を設定して紙に書いてみてください。

 

終わりに

 

私は独立起業するまで、意思の力が弱い1人の人間に過ぎませんでした。

 

自宅で作業をしていてもすぐ近くにあるスマホを触ってしまいましたし、ネットで調べ事をしている時もついYoutubeを見てしまったりしていました。

 

これは何か対策をせねばならないと思い自己分析をしてみると、こういった行動は殆ど無意識で行っていることに気づいたのです。

 

そこで、今回ご紹介した目標を紙に書くという行動を取ることにより、脳がアンテナを張ってこれまでの経験、現在の体験から必要な情報を自動的に収集し始めますので、限りなくブレを抑制しているという実感を持つに至りました。

この記事では書いていませんが、私の願望はありきたりのものではありません。

 

それにより、一時的な失敗や気分の浮き沈み、他人の批判や時間を浪費しているのではないかという不安に打ち勝つことが出来ています。

是非あなたも、執念すら彷彿とさせるような燃える願望を目標に据えてみてください。

 

※2018年8月30日追記

この記事を書いてもう2年近く経ちましたが、目標を紙に書いたことが次々と実現しています。

 

私の直近の出来事を記事にしましたので、

引き寄せの法則に興味を持たれていたら是非ご覧になってみてくださいね!

 

無料メールマガジンに登録する

※ご登録3秒後に自動返信されるメール本文内のURLから特典をダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です