FBA納品先(FC)の固定申請について

Pocket


こんにちは、Sakaiです。
 
AmazonFBAのシステムを利用して販売するには、納品先の倉庫(FC)に商品を発送する必要があります。
 
2016-11-112016-11-11-1
 
上の画像のように納品先となる倉庫は複数存在し、納品先は商品の属性やサイズごとに毎回異なるFCが指定されます。
 
また、特に何も設定していないのであれば納品プラン作成時に、購入者の需要分布と各FCの在庫のバランスなどを考慮され、Amazonが最適と判断した納品先FCが指定されるようになっています。
 
納品先FCが分散して指定され、送料が高くついて利益が取れないといった事も起こりうるので、確実に対策をしていきましょう。
 
 
 

FBA納品先(FC)の固定申請方法

 
まず、Amazonのセラーセントラルにログインします。
 
2016-11-17
 
右上の検索窓に、『納品先指定オプション』 と入力して虫眼鏡マークをクリックします。
 
 
 
2016-11-18
 
ヘルプウィンドウが開きますので、『納品先指定オプション』をクリックします。
 
 
 
2016-11-18-1
2016-11-18-2
 
納品先指定手数料などの情報が記載されていますので、把握しておきましょう。
 
 
 
2016-11-18-3
 
少し下の方へスクロールすると、『納品先FC指定/指定解除の申請方法について』という項目があるので、『こちら』をクリックします。
 
 
 
2016-11-18-4
 
上画像のページに移ったら、入力フォームにセラーセントラルのログインに使用しているEメールアドレスを入力します。
 
 
 
2016-11-18-5
2016-11-18-6
 

申請の種類を選択してください。

 
こちらは、『新規でのFC指定』にチェックを入れてください。
 

FC指定を希望する理由

 
こちらは、中国から輸入して納品する形となりますので、
 
『チャーター便の契約や、輸入をしているため、契約上配送先を変えられない』を選択します。
 

小型・標準の納品先と大型サイズ商品の納品先(ファッション・可燃性危険物など以外)

 
こちらは、代行業者を経由しての輸入とは別に、AliExpress(アリエクスプレス)や工場や問屋から直接仕入れている場合、自宅や倉庫、外注先の住所に近いFCを選択すると送料が安くなりますので、その点を考慮して選択してください。
 
また、2016年11月時点では鳥栖FCのみ小型、標準、大型の全てを受け入れているようです。
 
ただし、Amazonは利便性の追求などにより、頻繁に規約変更を行いますので、鳥栖FCに固定して小型、標準、大型の商品をまとめて納品を考えている場合には、必ずテクニカルサポートに確認をするようにしましょう。
 
 
最後に、『完了』をクリックして申請は完了となります。
 
 
 

終わりに

 
以上の作業でファッション以外の商品を納品手続きをしても分散されることがなくなります。
 
この記事で説明した固定方法の他の手段として、FBAマルチチャネルサービスを利用した固定方法を別記事で解説しますので、併せて参考にしてください。
 
 
それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です