中国の祝祭日について

※このメルマガ配信はメール内のリンクから簡単に解除することができます。
Pocket


こんにちは、Sakaiです。

中国の祝祭日、例えば旧正月は2017年は1月27日から2月2日までの7連休といったように、
 
日本とは違った時期に長期連休に入ります。
 
当然、中国国内の店舗はもとより物流も止まりますので、中国の祝祭日を把握してその都度対応していかなければなりません。
 
事前に祝祭日を把握しておくことで、安定して商品を仕入れることが出来ますので、
 
今回の中国の祝祭日の影響と対策についての記事を参考にして頂けたらと思います。
 
 
 

2017年中国の祝祭日

 

2017年の中国の祝日、休日の日程は2016年12月1日に中央政府国務院から発表されています。
 
参考:中国の祝日・休日カレンダー2017年

祝祭日 休日期間(2017) 日数
元旦 12月31日(土)~1月2日(日) 3連休
春節(旧正月) 1月27日 (金)~2月2日(木) 7連休
清明節 4月2日 (日)~4月4日(火) 3連休
労働節 4月29日(土)~5月1日(月) 3連休
端午節 5月28日(日)~5月30日(火) 3連休
中秋節 10月1日(日)~10月8日(日) 8連休
国慶節 10月1日(日)~10月8日(日) 8連休

※中秋節、国慶節あわせて8連休となります。
 
 
 

祝祭日に入る前に押さえておくべきポイント

例:春節(旧正月)

2017年は1月27日 (金)~2月2日(木)から旧正月休みとなっていますが、
 
毎年この時期は流通が混雑しますので、
 
通常の流通に戻るまで休み前後1週間を含めて3週間はかかると考えていたほうが良いです。
 
早めに発注をする場合には、代行業者にもよりますが、1月10日までに計画的に割増発注をしておくのが望ましいです。
 
 
在庫を切らす店舗も多く、前倒しで休みに入る店舗もあれば旧正月明けも長く休む店舗もあるので、
 
延べ40日前後の在庫を用意しておくのが理想ですね。
 
 
 

終わりに

 
日本では馴染みのない中国の祝祭日ですが、
 
『春節(旧正月)』『国慶節』のような大型連休では事前に発注のスケジュール管理を行っておくことが肝心です。
 
早め早めの対応で機会損失のないように対応していきましょう。
 
 
この記事の内容でご不明な点やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 
 それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

無料メールマガジンに登録する

※ご登録3秒後に自動返信されるメール本文内のURLから特典をダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です