中国輸入転売ビジネス初心者における仕入数量の判断基準

※このメルマガ配信はメール内のリンクから簡単に解除することができます。
Pocket


こんにちは、Sakaiです。
 
中国輸入転売ビジネスで初めて商品を仕入れる時には、いくつ仕入れたら良いのかわからないと思います。
 
せっかく需要のある商品を見つけても仕入れ数量で悩んでしまってはその時間だけ機会損失となりますので、まずは失敗を恐れずに仕入れて成功体験を積み上げていくことが何よりも大事です。
 
この記事では商品を仕入れる際の明確な仕入れ数量の基準を解説していきます。
 
 
 

初回仕入れは3個から

 
需要のある商品を見つけて仕入れる段階に入ったら、
 
最初は1商品あたり3個~5個の『テスト仕入れ』を推奨しています。
 

 
Step1 テスト仕入れ(1商品あたり3個~5個まで)

Step2 販売

Step3 商品の売れ行きや品質、配送中に破損などの問題点がないか検証

Step4 本仕入れ(10個~)

Step5 販売

 
この基準で商品を仕入れることにより、商品が思うように売れなかったり品質の良くない商品を取り扱うリスクを極力減らすことができます。
 
 
 

思い切って仕入れてみることの重要性

 
商品を中国から仕入れるというのは、初めての人なら相当に敷居が高く感じると思います。
 
けれども、コンピューターやインターネット、物流の発達したこの世の中では、
 
ネットショップで買い物をする感覚で商品を仕入れられるので、まずは少量でも良いので実際に仕入れを経験してみてください。
 
一連の流れを経験することにより、商品の納品スピードや品質、正確な利益計算の仕方などが見えてきますので、次の行動に繋がっていきます。
 
もし何かご不明な点やご質問がございましたらご相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせくださいね。
 
 
それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

無料メールマガジンに登録する

※ご登録3秒後に自動返信されるメール本文内のURLから特典をダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です