情報発信ビジネスとは?媒体構築からLINE@集客まで徹底解説

Pocket

こんにちは!Sakaiです。

『情報発信ビジネス』は、これからの時代を生きていく為にも必ずやった方が良いです。

なぜかというと、あなたが取り組んでいるビジネスと並行して情報発信ビジネスに取り組むことにより、

 

  • 身に着けたスキルを他のビジネスに応用することができる
  • 複数の収入の柱を構築することによりビジネスが安定する

 

からなんですね。

あなたが今すぐにでも情報発信をするべき3つの理由という記事でもお伝えしていますが、

現代ではテレビやラジオ等のメディアを見ない人が増えていて、インターネット上のコンテンツでニュースや娯楽などのコンテンツを視聴している人が年々増えています。

TwitterやFacebook、インスタグラム等のSNSは、スマホの普及した昨今では既に日常に溶け込んでいますし、一昔前にはテレビを見ていた層が、AbemaTV(アベマTV) やYouTube等の動画サイトを視聴するようになっているように感じますね。

本記事では、『情報発信ビジネスとは?媒体構築からLINE@集客まで徹底解説』ということで、

情報発信ビジネスの概要から集客販売まで、私が実践している内容をもとに徹底的に解説をしていきたいと思います。

 

情報発信ビジネスとは?

情報発信ビジネスは、ブログやYouTube、TwitterやFacebookを始めとしたSNS、メルマガやLINE@等の集客ツールを使って情報を発信し、商品やサービスを販売して収益を得るビジネスモデルです。

 

インターネットが普及する前は、新聞社や出版社、電波を使ったテレビやラジオの放送権を持つ企業でしか情報を発信する手段がありませんでしたが、現代では誰もが簡単に情報を発信することができます。

 

ユーチューバーのヒカキンさんは、動画広告だけでも1億円近く稼がれているということで、もはや個人で企業の年商を超えるレベルになってきていますよね。

 

もう少し身近なところを見ていくと、ブログで商品を宣伝して収入を得るアフィリエイターとして生活をしている人もいますし、私のビジネス仲間でもアフィリエイトで月収数百万円稼がれていて、情報発信のポテンシャルをひしひしと感じています。(※アフィリエイトも本質的には情報発信の類)

 

他にも、再現性の高い方法として、

あなたが持っている知識や稼げるノウハウを、お役立ちコンテンツという形でブログ記事や動画、メルマガ等で配信していくというのが、インターネットビジネスで成功する為のゴールデンルールとして確立されつつあります。

 

私が実践している中国輸入のノウハウを提供したり、ツールの使い方を解説をして購入してもらうなど、『情報を販売する』ということですね。

 

情報を販売することのメリットだけをお伝えするなら、物販ビジネスと違って在庫を抱えることがないので、

利益率がほぼ100%ということです。

 

情報発信ビジネスで稼ぐには?

前項でもお伝えしたように、もっとも再現性の高い方法としては、

専門知識(ビジネス・投資系)を発信していくことです。

 

もしあなたがアフィリエイトで月収10万円以上稼いでいるのであれば、その方法をブログやYouTubeで解説していくイメージですね!

解説内容が丁寧でわかりやすいほど、読者や視聴者はあなたの発信する情報に価値を感じてファンになってくれます。

 

あなたの発信する情報をもっと欲しいと思ってもらえたなら、メルマガやLINE@に登録してくれますよね。

 

メルマガであれば、『ステップメール』という仕組みを構築することにより、あらかじめ設定しておいたメールを自動的に配信してあなたのサービスを販売することも可能ですし、LINE@を組み合わせれば、よりDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)に特化して、サービスの内容を伝えることができます。

 

もしあなたが全くの初心者からビジネスをやってみたいということでしたら、0から月利10万円までの実績構築を比較的早く達成できる中国輸入転売をおすすめしています。

 

以下の動画で詳しく解説していますので、興味がございましたら是非ご覧ください。

情報発信ビジネスの媒体構築から集客までの具体的な実践方法

ここでは、私が実践している内容を具体的に説明していきます。

ワードプレスを利用してブログ記事を書く

ワードプレスとは、独自ドメイン(あなた専用のURL)を取得して、レンタルサーバー上にブログを構築することのできるシステムです。

※詳しくは以下を参照

⇒ WordPress(ワードプレス)初心者向けサイト構築方法

実際に書いていく内容としては、

 

  • プロフィールやマインドセット、体験記であなたの考えを伝える
  • あなたの持つ専門知識をノウハウ記事という形で伝える(出し惜しみすることなく)

 

この2点です。

上の『あなたの考えを伝える』というのは「自分の考えなんて・・・」と、軽視しがちですが、とても重要です。

 

実は現在のインターネット上には、専門知識のノウハウというのは色々なところに転がっていて、今あなたがこの記事を読んでいる瞬間にも生まれてきています。

 

ライブドア元社長の堀江貴文さんも言っていますが、ネットが普及して検索さえすれば大半の情報がタダで手に入る今の時代、もはや『ノウハウ』に価値なんてなくて、あなたが今この瞬間、必要な情報を得られる環境にこそ大きな価値があるんですね。

 

ノウハウは短時間で共有される今の時代、『誰が発信しているか』というのがとても大事で、

ノウハウは出し惜しみすることなく、今持っているもの全てを出しきる勢いで書いていって、

まずはあなたから発信される情報に価値を感じてもらうことが肝要です。

 

動画を作成してYouTubeに投稿する

『カムタジアスタジオ』等の動画制作ツールを使って、ブログ記事では伝えきれなかった細かい操作などを動画で説明していきます。

 

動画をYouTubeに投稿するメリットとしては、

 

  • 実際の操作をそのまま見てもらえるので伝わりやすい
  • あなたの声や表情(顔出しの場合)を通して親近感を持ってもらえる
  • 記事と同様にYouTube動画も検索エンジンが拾ってくれるので集客に繋がる

 

などです。

 

動画制作と聞くと、敷居が高そうに思いますが、実際にやってみると全然そんなことなかったです。

 

私はこのブログを構築するまでは全く動画作成の知識がなかったのですが、ビジネスの先生からオススメの動画制作ツール(カムタジアスタジオ)とパワーポイントの簡単な操作を教えてもらって、始めて作ったのが以下の動画なんですね。

⇒ クレジットカードの代わりに使えるデビットカードとは?

パソコンに標準搭載されているマイクを使っていて、ゆるいBGM(なんでこんな選曲をしたんだ、当時の自分・・・)にのった声がこもっていたり、棒読みだったり、今見直すととても恥ずかしいのですが(笑)、この程度なら知識や経験のない0からの状態でも、1日もかからずに作成することができます。

 

そして、ソニー製のマイク等の機材を購入して、1カ月後に作成した動画がこちら。

⇒ ヤフオクの出品方法について解説

この動画は5作目になるのですが、それほど時間をかけていないのになぜか3000回以上も再生されていて、グッドマークも沢山つけて頂けています。

 

実はこの動画を作成した当時は、YouTubeにアップロードした後に削除しようか迷っていたんですよね。

(冒頭0:35~で言い間違えています・・・笑)

 

ですので、完璧は求めずに、まずはやってみると良いですね!

最初がダメであればあるほど、制作回数を重ねる毎に自分自身の進歩を感じることができますよ。

 

ステップメールを構築する

ステップメールは、インターネットマーケティングの手法の1つで、メールマガジン配信サービスを契約することにより利用できます。

 

メールマガジン登録フォームに名前とメールアドレスを登録してくれた人に向けて、あらかじめ設定した日時と内容で、自動的にメールを配信していくシステムですね。

 

メリットとしては、

 

  • ブログやYouTubeの概要欄に登録フォームを設置しておくことにより自動集客ができる
  • 自動的に教育・信頼関係を築き上げることができる
  • 自動的に商品やサービスを販売できる

 

といったように、ブログやYouTube、SNS等と組み合わせることによって、自動的に収益を生む仕組みを構築することができます。

 

効果的なステップメールの書き方(作り方)

ここでは、日本のトップマーケターである神田昌典氏が提唱する

『PASONA(パソナ)の法則』を使って説明していきます。

【1通目(当日)】

登録してもらって1番最初に読まれる1通目は自己紹介をしていきます。

 

ただし、何も考えなしに好きな食べ物や趣味などを書いていくのではなくて、あなたのこれまでの人生や信念などをストーリー仕立てで書いていくことが重要です。

 

また、無料レポートなどのプレゼントを用意している場合は、この段階で提供して満足してもらうことにより、今後もあなたの情報を受け取ってくれるようになります。

 

【2通目(2日目)】

2通目では、メルマガ読者が抱えている問題提起をおこないます。

 

例えば、

Sakai
これからの時代はAIやロボットが殆どの仕事をあなたのかわりに行います。

10年後どうしますか。

 

潜在的に不安に思っていること、困っていることを明確化して、問題に気づいてもらいます。

 

【3通目(3日目)】

3通目では、前回提起した問題点を更に深掘りしていきます。

 

Sakai
私達が老人になるころには、年金支給額が今よりも更に減額される未来がやってくるでしょう。

それでは、具体的にどのような行動を起こしていけば良いのでしょうか。

 

出来るだけイメージしやすい問題をピックアップして、読者の想像力を掻き立てます。

 

問題の深刻さを伝えて共感してもらい、一緒に問題を解決していきましょう的な流れに持っていきます。

 

【4通目(4日目)】

次に、解決策を提示してきましょう。

Sakai
会社に依存しなくてもいいように、副業からでも『自力で稼ぐスキル』を身につけましょう。

自らが人生を切り開く!という意識でビジネスを学んでいけば、最先端の技術を利用して数か月で独立起業することも十分可能です。

ここまでメールを読んでくれた読者は、あなたという人間に興味を持ってくれています。

 

サービスを販売するのであれば、ここでベネフィット(読者がサービスを受けることで得られる効果や未来像)を書いていくことも必要になります。

 

【5通目(5日目)】

4通目までの流れを踏まえた上で、読者に行動を促します。

Sakai
期間限定で以下のサービスを販売します。

今から3日以内に登録フォームにご登録頂いた方のみが対象です。

緊急性・限定感を演出することにより、今買わないと損をするという状況を作っていく訳です。

 

ただし、緊急性・限定感を出していくのであれば、理由もしっかり明記していきましょう。

 

以上が、簡単になってしまいましたが、効果的なステップメールの書き方です。

 

『PASONA(パソナ)の法則』や『ステップメール』はマーケティング的にとても奥が深いので、今後別記事で詳しく書いていく予定です。

 

LINE@を導入する

LINE@は、ビジネス用のLINEアカウントです。

LINE@公式サイトより

普通のLINEは、1対1のプライベートなコミュニケーションに特化しているのに対して、

LINE@は一括で多数の人にメッセージを送信できるので、メルマガの一括配信のような使い方ができます。

無料プランと有料プランがありますが、情報発信で使っていく分には無料プランでも十分効果が見込めます。

 

メルマガとLINE@比較

到達率とは、読者に配信メッセージが届く率です。

メルマガの場合は、配信スタンドや低価格なプランの場合には迷惑メールに入ってそもそも届かないということがあるのですが、LINE@の場合は迷惑メッセージという区分がないので、100%に近い到達率です。

次に大事なのが開封率。

メルマガが無事受信箱に届いたとしても、タイトルが魅力的でなかった場合はそもそも開きませんよね?

対してLINE@の場合、メッセージを受信したらLINEの仕様上、とりあえずタップして開く人がとても多いんですね。

結果、メルマガよりも開封率は高めとなります。

文字数に関してはメルマガが圧倒的に有利ですが、LINE@ユーザーは長文を好まないと言われているので、用途によって使い分けるのが良いと思います。

画像や動画はどちらも添付可能です。

LINE@でYouTube動画やブログ記事をシェアすると、このような感じでサムネイル表示されるので、タップされやすくなります。

コストに関しては、メルマガは無料の配信サービスを利用すると到達率に影響しますので、月額3000円以上で評判の良い配信スタンドを使うと良いですね。

当サイトでは、マイスピー(MyASP)を利用してメルマガの仕組みを構築していますが、機能も豊富で使いやすいのでおすすめです。

⇒ MyASPプラン紹介

 

対してLINE@は、無料プランでも有料と同様の機能を備えていますが、

配信する人数や送信数に一部制限がかかっています。

基本的な機能はどのプランも同じなので、まずはフリー(無料)で運用していき、リストが増えてからベーシックプランに切り替えていくと良いでしょう。

ここまではLINE@推しになっていますが、実はLINE@には致命的なデメリットがあります。

それは、

LINE@にはリスト管理機能がない

ということです。

メルマガの場合は、配信スタンドに登録時の名前とメールアドレスがデータとして残りますので、CSVに出力して顧客リストとして管理することが可能です。

対してLINE@の場合は仕様上、登録してくれた人のLINEIDを知る手段がないので、顧客リストとして管理することができません。

つまり、規約違反でLINE@のアカウントが削除されてしまったり、サービスが終了してしまった場合には、

リストを全て失うリスクがあるのです。

ですので、

私が実践しているお勧めの方法は、メルマガとLINE@を併用して運用していく。

 

LINE@はメルマガと比較して顧客と近い距離でコミュニケーションを取ることができます。

私の場合、中国輸入に関するノウハウをLINE@とメルマガで配信していますので、

LINE@では、全くの初心者でも迷わず実践できるPDFマニュアルを配布して、

メルマガでは初心者~中級者向けのマニュアルを配布するなどをして

どちらも登録してもらえるように仕組みを作っています。

よろしければ、登録をして確認をしてみてくださいね。

 

最新情報をあなただけにお届け!

 

情報発信ビジネスをオススメする理由と応用編

情報発信を実践していると、ビジネスに役立つ様々なスキルが身についていきます。

基本的なPCスキル、ライティング、画像・動画編集、Webマーケティング…etc

 

私は中国輸入で代行業者さんや外注さんに作業を依頼する際、情報発信で身に着けたスキルを活かして、

リサーチ手順とYouTube動画をPDFファイルにして実践してもらったり、

検品動画を作成して、代行業者さんに渡して実施してもらったりしています。

 

他には、LINE@登録者に配布している『最短で0から100万円以上の収益を得るドライブルートマップ』も、上記を応用して利用していますし、アイデア次第で限りなく応用できるのが、情報発信で身に着けることのできる技術です。

 

また、情報発信という分野は、テレビからWebへと媒体は変わりつつもニュースを見なくなる未来がこないように、情報を取り扱うビジネスが無くなることも、飽和することも絶対にありません。

一生涯廃れる事のない本物のスキルを身につけて、ビジネスの幅を広げていきたいですね。

 

まとめ

情報発信ビジネスの媒体構築から集客までの具体的な実践方法としては、

ワードプレスを利用してブログ記事を書く

  • プロフィールやマインドセット、体験記であなたの考えを伝える
  • あなたの持つ専門知識をノウハウ記事という形で伝える(出し惜しみすることなく)

初期媒体構築の目安:100記事

 

動画を作成してYouTubeに投稿する

  • 実際の操作をそのまま見てもらえるので伝わりやすい
  • あなたの声や表情(顔出しの場合)を通して親近感を持ってもらえる
  • 記事と同様にYouTube動画も検索エンジンが拾ってくれるので集客に繋がる

初期媒体構築の目安:100動画

 

ステップメールを構築する

  • ブログやYouTubeの概要欄に登録フォームを設置しておくことにより自動集客ができる
  • 自動的に教育・信頼関係を築き上げることができる
  • 自動的に商品やサービスを販売できる

初期媒体構築の目安:5~6日分の自動配信メールの仕組みを構築

 

既に実績や発信する内容が決まっている場合には、

本気で取り組めば、半年もかからずに情報発信媒体を構築することができます。

 

複数の収入の柱を構築する為にも、ぜひ情報発信に取り組んでみてください。

また、個人が情報発信をする場合に肝となる『セルフブランディング』については以下の記事で解説をしていますので、本記事と併せて参考にして頂ければと思います。

 

⇒ ブログで痛いセルフブランディングをしない為の5つの知識

 

それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です